Saturday, April 27, 2013

第4回勉強会が決定しました。「アメリカからみる、ペリー来航から大東亜戦争まで」(2013.5.9) 


第4回勉強会が決定しました。

日時:2013年5月9日(木曜日)19時ー21時

http://www.hiizurutokorokara.com/

場所:東京ウイメンズプラザ (視聴覚室A)
   (最寄り駅:地下鉄:表参道駅)
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html


第4回 日出処から「アメリカからみる、ペリー来航から大東亜戦争まで」
 
大東亜戦争はペリー来航から
嘉永6年(1853)6月に、アメリカ東インド艦隊司令 長官ペリーの率いる所謂黒船が浦賀沖に現れた。
ペリーは何をしに日本に来たのか。

社会人用にも市販された高校教科書『もう一度読む山川日 本史』には
「そのころアメリカは、北太平洋での捕鯨や太平洋を横断 して中国にいたる新しい貿易ルートを開拓するために、日 本の港で食料や燃料を補給する必要を感じていた。このた め上陸したペリーは、開国と通商をもとめるアメリカ大統 領の国書を幕府側の役人に手渡した。」
何の野心もないような書き方になっていますが、これでは なぜあれだけ日本人が抵抗したのか、ペリーの狙いがどこ にあったのかという最も重要な部分については全くわから ない。

日本が大東亜戦争に敗れた1945年8月14日付のニュ ーヨーク・タイムスには、「太平洋の覇権を我が手に」と いう見出しとともに
「我々は初めてペルリ以来の願望を達した。もはや太平洋 に邪魔はいない。これで中国大陸のマーケットは我々のも のになるのだ。」
と書かれていたという。

ペリー来航から、アメリカが日本をどう見てきたのか、日 本側の出来事と共にアメリカ視点の日本近代を学びましょ う。
はたして日本にとってアメリカは本当の友達なのか。

日本のこれからに興味がある方、タイトルほど堅くないの でどなたでも参加してください。
誇りある日本のために。

受付:18:45~
講師:Von Schuler Max
会費:1,000円

FBのサイト: http://www.facebook.com/events/127377374123696/

終了後、近所の居酒屋で「オフレコの会」をやりますので 、ぜひそちらにもご参加ください。


Thursday, April 25, 2013

ボストンテロ事件最新情報:アメリカの永遠テロ戦争 Boston terror attack updates: America's endless war on terror.


It is official.  The Boston terror attack suspect in custody,
Dzhokhar Tsarnaev, has admitted that America's disastrous wars in the Middle East were the reason for the terror bombings conducted by his brother and himself.

公式の話です。保護観察中ボストンテロ容疑者ジョハル・ツァルナエフさんは、アメリカの中近東戦争が、自分とお兄さんが行なったテロ爆弾事件の動機です。

They had no ties to any professional international terror group.  In the link below, a US intelligence official says that he believes they are more such independently motivated lone wolf operators in America.

彼達はどんな国際プロ的なテロ組織でも縁が有りませんでした。下記のリンクで、有るアメリカ諜報機関の職員の意見で、アメリカ国内で、その”一匹オオカミ”な人、これからテロ事件を行なう可能性の人が、いっぱいいます。

http://www.washingtonpost.com/national/boston-bombing-suspect-cites-us-wars-as-motivation-officials-say/2013/04/23/324b9cea-ac29-11e2-b6fd-ba6f5f26d70e_story.html

I very much agree with that intelligence official.  The wars in the Middle East have been absolute disasters.  They have wasted much money, They have not brought America any riches, only a few corporations make immense profits from those wars.

私はその諜報機関の職員の意見に同意します。アメリカの中近東戦争は、大災害です。いっぱいのお金を無駄に使って、アメリカの国益はゼロ、只いくつかの企業が大利益に成っています。

In my last post, I wrote that America really does not know about the Muslim world, and they have no idea about who they are killing.

私の前の投稿で、アメリカはイスラム世界を理解していない、誰を殺しているのか本当に分かりません。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2013/04/boston-terror-bombing-and-collective.html

Just how does the US choose drone targets?  Here is an explanation of the methods used to judge if an attack should be launched.

アメリカはどう言う基準で、無人飛行機のターゲットを選ぶのですか?下記は、そのターゲットの選択の説明を書いています。

http://www.propublica.org/article/how-does-the-u.s.-mark-unidentified-men-in-pakistan-and-yemen-as-drone-targ

But a quick read of that article will tell that Americans really don't know what they are doing.  Remember, the drone pilots actually live and operate the drones from a base in Nevada in the USA.

しかし、そのリンクを読むと、やはりアメリカ人は自分達で何を行なっているのか知らないとすぐ分かります。それと、この無人飛行機のパイロットは、実は、アメリカ・ネバダ州基地にいます。

How can they judge if a group of men is really Al Qaeda?  Are people moving towards the Afghan border really terrorists?

無人飛行機のカメラで見た人達は、アル・カイダをどう言う風に判断しますか?アフガン国境へ移動すると、本当にその人達はテロ組織ですか?

The countries where America operates drones have always been filled with armed men since human history began have always been filled with armed men.  In most of those areas, there has never ever been any kind of stable government.

このアメリカが無人飛行機を活動中に、人間の歴史の始まりから国で武器を持っている男はいました。その地域の多くの所で、安定した中央政府がいませんでした。

And as I have written, a lot of children and other people are killed by the drones.

私が書いた様に、数多くの子供とその他の人々が無人飛行機で殺されています。

http://www.huffingtonpost.com/2012/05/29/drone-attacks-innocent-civilians_n_1554380.html

http://www.motherjones.com/politics/2013/03/drone-strikes-interactive-visualization-pitch

Who is America killing?  They don't know.  But I do think that there will be more copy cat attacks inside America.  There are many people in America who cannot fit into society for many reasons.  I am sure that more people will seek revenge for their problems.

アメリカは誰を殺していますか?アメリカ人は知りません。しかし、アメリカ国内でもっとマネみたいなテロ攻撃が出るでしょう。アメリカで社会に合わない不満の人達がいっぱいいます。この不満者の中から社会に復讐したい人が多数いるでしょう。

It is a tragic story.  I really wish that America would just pull out of the mIddle East altogether.  Americans give the reason for their Middle Eastern wars as to kill terrorists before they attack America. 

悲劇的な話です。私はアメリカが完璧に中近東から撤退してほしいです。アメリカ人から、中近東で戦争している理由を聞くと、アメリカに攻撃する前にテロリストを殺します。

But if the American wars in the Middle East kill so many people that it inspires sympathy attacks by Americans inside America, is it not a failure?

しかし、そのアメリカの中近東戦争が数多くの人を殺して、それでアメリカ国内アメリカ人が同情攻撃の刺激に成ると、これは失敗でしょう?

Yes, Dzhokhar Tsarnaev is an American, he had taken American citizenship.

そうです。ジョハル・ツァルナエフさんはアメリカ人に帰化して、アメリカ国民でした。

I see no way out of this, America is slot in a dark difficult maze.

アメリカの為に、私は出口を見えませんし、これは難しい、暗い、迷路でしょう。

Below, I include some views of police in Boston.  Remember, all these pictures are police, not Army.  This is not the America I remember from 39 years ago.

下記で、ボストンテロ事件の警察の写真を出します。この写真は、軍隊ではなく、警察です。私の39年前に知っていたアメリカが変わりました。

All in all, 9,000 police were used.

全部で、警察で9,000人を利用しました。

http://www.independent.co.uk/news/world/americas/boston-bomb-suspect-dzhokhar-tsarnaev-awaits-special-interrogation-team-after-being-captured-alive-in-watertown-after-dramatic-end-to-huge-manhunt-8579362.html






Sunday, April 21, 2013

ボストンテロ事件と集団防衛 The Boston terror bombing, and collective defense


On April 15th, two bombs exploded at the Boston Marathon, killing 4 people and injuring around 140.

4月15日に、アメリカのボストンマラソンで二つの爆弾が爆発して、4人が殺され、140人以上が怪我に成りました。

Again, America is a center of violence.  But why did this happen?

また、アメリカで暴力の事件が有りました。しかし、どうしてこの事件が起こりましたか?

So far, there are two suspects.  They have been identified as two brothers born in Chechnya, in the Caucasus region.

現在、容疑者は2人です。コーカサス地域のチェチェンで生まれた兄弟です。

Boston police commissioner Ed Davis says he believes that they came to America to kill people.

ボストン警察の本部長の意見で、彼達がアメリカへ来た理由は、人を殺す為です。

http://www.huffingtonpost.com/2013/04/19/dzhokhar-tsarnaev_n_3114881.html

But in an interview with an uncle, he said that the boys had been in America for 10 years.

しかし、容疑者達の叔父のインタビューで、彼らはアメリカに10年間滞在していたと分かりました。

http://www.huffingtonpost.com/2013/04/19/ruslan-tsarni-uncle-of-suspects-interview_n_3116075.html

Well then, it certainly took them a long time to start killing people.  In the uncle's interview above, he also provides a clue why the boys made the bombs, a feeling that they must protect Islamic people and the Islamic religion.

その事が本当で、人を殺す目的でアメリカへ来たら、時間がかかりましたね。しかし、上記の叔父のインタビューで、何故この容疑者達が爆弾を作って、この事件を行なったかのヒントが有ります。

Well, they certainly did not have professional training.  The bombs they made were very crude homemade devices.  And they were easily caught by surveillance cameras in the area where they placed the bombs.

まず、プロ的なテロ組織の訓練はなかったでしょう。作った爆弾はおおざっぱな手作り物でした。それと、爆弾を置いた所で、容疑者達は簡単に監視カメラで発見されました。

http://www.huffingtonpost.com/2013/04/18/boston-marathon-bombing_n_3109768.html?utm_hp_ref=mostpopular

I don't think that this is a professional terrorist operation.  No such group has claimed credit for this, it was really two boys in America who created the bombs.  So why did they do this?

プロのテロ組織の作戦ではないでしょう。ただこの2人の作戦だったでしょう。どんなテロ組織でも自分達の功績だと主張していません。この2人のアメリカで容疑者でした。どうしてこのひどい事件をしましたか?

Many Japanese people think of America as a land of freedom, where anyone can immigrate and find acceptance.  This is completely untrue.  There are many deep prejudices in America.

数多くの日本人の考えで、アメリカと言う国は自由な国で、誰でも入国して、アメリカ人から新アメリカ人として認められます。完璧に違います。アメリカでは、深い差別の気持ちをもっている人が非常に多いです。

The first thing that struck me about the boys was their names, Dzhokhar and Tamerlan Tsnarnaev.  In America with such ethnic names like that, he will have a very hard time.  No American will make friends with you, they will constantly make jokes about your name.

まず、この二人の容疑者について、名前を考えました。ジョハルとタメルラン・ツァルナエフです。アメリカでは、そう言うなエスニックの名前が有ると、生活がとても難しいです。アメリカ人は相手にしなくて、友達に成りません。永遠に名前の事について冗談と虐めをします。

I know.  When I lived in America, I would occasionally be insulted about my family name, Von Schuler.  Many times, people would call me a nazi.

私はこれをよく分かります。アメリカに住んでいた時代、自分の名字の事で侮辱されました。もう何回も、アメリカ人が私をドイツのナチスと呼びました。

The thing is, if your name is not something like Bob Smith, Americans will not accept you.

と言う事は、ボブ・スミスみたいな単純な英語の名前がないと、アメリカ人は認めません。

http://www.huffingtonpost.com/2013/04/19/chechnya-boston-suspects_n_3118064.html?1366405652

It has always been difficult for Muslim people to live in America.  Since they are not Christian, Americans will not accept them as true Americans.  Also, since the 9/11 attacks, all Muslims are regarded as the enemy.

アメリカ建国時代から、イスラム信者はアメリカで生活しにくいです。キリスト教信者ではないですから、アメリカ人からイスラム信者を本当のアメリカ人として認められません。9/11のテロ事件から、アメリカ国内イスラム信者は全員敵として見られています。

Well, even today most Americans don't trust Japanese because of Pearl Harbor either.

まあ、現在でも、真珠湾攻撃で、ほとんどのアメリカ人は日本人を信用していません。

And since 9/11 America has behaved terribly in the Muslim world.

それと、9/11の事件から、アメリカがイスラム世界でひどい事を行なっています。

There have been many killings of civilians in Afghanistan and Iraq.

アフガンとイラクで、数多くの普通の市民を殺しています。

http://www.guardian.co.uk/world/2010/jul/25/afghanistan-war-logs-military-leaks

In fact, many Afghan soldiers have been killing Americans because of their insulting behavior.

実は、アフガンで、アフガン軍の兵士がアメリカ人の侮辱的な行為で、アメリカ人を殺す事が多いです。

http://nation.foxnews.com/muslims/2012/10/01/pentagon-blames-friendly-fire-attacks-culturally-insensitive-behavior-us-troops

http://www.armytimes.com/article/20120503/NEWS/205030315/Officials-troubled-over-behavior-of-U-S-troops

Here is a photo of a Marine unit with a Nazi flag in Afghanistan.

これは、アフガンでのアメリカ海兵隊部隊の写真です。ナチスの旗を表示しています。



What the display of this flag means is that every non White, non Christian person is an enemy of America.  Yes, there are Nazi's in America, and they are just as bad as what happened in Germany.  And many of them are in the US military.

このナチスの旗の表示の意味は、白人ではない、キリスト教ではない人達は、すべてアメリカの敵です。そう、アメリカでナチスがいます。昔のドイツと同じ様な怖い人達です。アメリカ軍にナチスが数多くいます。

And in particular, the American use of drones in the Muslim world has killed many people.  Every Tuesday President Obama holds a meeting deciding who to kill that week.

特に、イスラム教の国々に無人飛行機で数多くの人を殺しています。毎週火曜日にオバマ大統領は会議して、その会議でその週で誰を殺すと決めます。

http://www.nytimes.com/2012/05/29/world/obamas-leadership-in-war-on-al-qaeda.html?pagewanted=all&_r=0

Since 9/11, The President of the United States has the right to order the killing of any person he decides is a terrorist.

9/11から、アメリカ大統領が自分でテロリストと決めた人を殺す権利が出来ました。

Yet look at the graphic in the link below.  In Pakistan alone, America has killed 3115 people by drone strike since 2004.

しかし、下記のリンクのグラフを見て下さい。パキスタンだけで、2004年から無人飛行機で3115人を殺しました。

Of these, 47 were people that America wanted to kill.  "High Profile" in the link below.  But America also killed 175 children, 535 civilians, and 2358 "other" people in Pakistan in the same period.

その数の中で、47人はアメリカが殺す目的の人でした。下記のリンクで、"High Profile"と書いています。しかし、その無人飛行機の攻撃で、子供175人、普通市民535人と、”その他”と言う2358人を殺しました。

http://www.motherjones.com/politics/2013/03/drone-strikes-interactive-visualization-pitch

And how does the US explain this?  It simply says that if you stand near a terrorist, you are a terrorist.  What this means is, to Americans, Pakistani children are terrorists and should be killed.

アメリカ政府は、こう言う事をどう説明しますか?単にテロリストと近くに立っている場合、貴方もテロリストです。アメリカ人に、この意味が、パキスタンの子供もテロリストがいて、殺されるべきです。

http://www.huffingtonpost.com/2012/05/29/drone-attacks-innocent-civilians_n_1554380.html

There has been no more than a few Americans protesting the drone attacks.  Most Americans just don't care.

この無人飛行機の攻撃を抗議しているアメリカ人は、本当に数少ないです。ほとんどのアメリカ人は興味が有りません。

The fact is, Americans, including the Intelligence agencies, have little understanding of the Muslim world.  I really don't think they have any idea if most of the people they kill are truly terrorists trying to attack America or not. 

真実は、アメリカ人、情報部局も含めて、イスラム世界をあまり理解していません。私の意見で、アメリカが殺す人が本当にアメリカに攻撃する積もり有るかどうか、アメリカ人は分かっていません。

So we have two Muslim boys in America, who actually came to America for freedom.  Their family moved to Russia to escape the war in Chechnya, and then to the United States.

それで、この二人のイスラム信者が、実に、自由の為にアメリカへ来ました。チェチェン戦争を逃げるために、最初にロシア、それでアメリカへ行きました。

http://www.huffingtonpost.com/2013/04/19/chechnya-boston-suspects_n_3118064.html?1366405652

 Reading the interview with the uncle, I can tell that he has come to terms with the difficulties of living in America.  It seems that he tried to convince the boys to accept America, and not to worry about Islam.

その叔父のインタビューを読むと、彼はアメリカ生活の難しい所を受け入れました。その容疑者達にイスラム教を心配しないで、アメリカを理解してと言う話をしました。

http://www.huffingtonpost.com/2013/04/19/ruslan-tsarni-uncle-of-suspects-interview_n_3116075.html

But they found life in America harsh and difficult.  Perhaps they decided to attack Americans in revenge for American behavior in the Middle East.  This does not in any way provide a reason for making bombs and killing people.  But perhaps we can understand why this happened.  Of course most immigrants to America endure and adapt to life there. 

でも、容疑者達はアメリカの生活が厳しく、難しかった。もしかしたら、アメリカの中近東への態度、活動の復讐で、国内でアメリカ人に攻撃すると決めました。これが爆弾を作って、人を殺す理由に成りません。しかし、どうしてこの事件が起こったと分かるかも知れません。勿論、大多数のアメリカ移民がアメリカの難しい所を耐えて、アメリカ生活に合わせます。

But the fact is, I am very surprised that there have not been more such sympathy terror attacks inside America.  American behavior in The Middle East has been that terrible.

真実は、私はもっと数多くの”同情テロ事件”がアメリカで起こっていないと驚いています。中近東で、アメリカの態度と活動がとても恐ろしいです。

America started a series of wars in The Middle East as revenge for 9/11, and to control the world's oil supply.  America has failed miserably in all respects.  They have been ejected from Iraq, are failing in Afghanistan.

9/11事件の復讐、それと世界石油を支配する為に、アメリカが中近東でいくつかの戦争を始めました。すべての戦争が完璧に失敗です。アメリカはイラクから追い出されました。アフガンがだんだんひどくに成っています。

Yet what America means by common defense is send Japanese and Korean troops to the Middle East to fight for American goals.  Those goals are not Japanese goals.

アメリカに対して、集団防衛の意味は、自衛隊(日本兵)、韓国兵を中近東へ派遣して、アメリカの国益の為に戦う事です。これは、日本の国益では有りません。

If we do America's bidding, we can expect such homegrown terror attacks like in Boston in Japan.

アメリカの命令を従って、自衛隊(日本兵)をアメリカの為に中近東へ派遣すると、ボストン事件みたいな日本国内でテロ事件が増えるでしょう。

We should stay away from such American plans, and pursue Japanese policy.

そう言うアメリカの計画を従わないで、日本の為の政策を行なった方が良いです。


Wednesday, April 3, 2013

アメリカでまた慰安婦記念碑を造ります。 More comfort Women memorials in America


Recently, Korean Americans are stepping up their efforts to portray Japan in a bad light in America with the Comfort Women issue.  They are teaming up with Jewish American groups, and claiming the same status as war victims.

最近、慰安婦問題について、在米韓国人が日本を悪い国と見せる努力で盛り上がっています。ユダヤ系アメリカ人のグループと組んで、韓国人はユダヤ人と同じ様な犠牲者と騒いでいます。

Absolutely untrue.  Below, I include the email I sent to America.  For a list of email addresses to contact, please look at the link below.  I sent an email to all of the addresses.

完璧に、嘘です。下記は、私がアメリカへ送ったメールです。この問題について、貴方が連絡出来るメールアドレスを、下記のリンクで見て下さい。私は、全部のメールアドレスに下記のメールを送りました。

日本語
http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=3211

English

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=3268

To the members of the Holocaust Memorial & Tolerance Center of Nassau County.

ニューヨーク州ナッソー郡ホロコースト記念館の支配人達へ

I have read of your decision to put up a permanent memorial to the so called "Comfort Women" with deep unease and regret.  This is the same as putting up a memorial to the camp guards at Auschwitz.

ナッソー郡ホロコースト記念館で、大東亜戦争の慰安婦問題について永遠に展示が始まる決定を、心からの不安と残念な気持ちで、そのニュースを読みました。これは、アウシュビッツ強制収容所の警備員と一緒に記念展示を造るのと同じ事です。

If I were Jewish, I would find this a great insult.  Even though I am not Jewish, I find this insulting as a historian.

私がユダヤ人でしたら、これはとても失礼な事です。私はユダヤ人ではないですけれど、歴史評論家としてこれは失礼です。

You are being conned.  During the war, the Korean people were Japanese citizens, and were willing and able participants in the Japanese Empire.  It is after the war that they decided that they were victims, and switched roles.

貴方達は騙されています。戦争中で、当時元朝鮮人は、実は、日本国民、日本帝国の為に努力をして、一緒懸命に戦いました。戦後、役が変わって、自分達が戦争犠牲者と言う事を始めました。

And even in their own country, Korea, women are demonstrating for their right to be prostitutes.  Yet they accuse Japan of a crime?

自分の国韓国で、韓国人売春婦は売春を行なう権利の為に抗議をしています。しかし、韓国人が慰安婦で、日本を犯罪国として非難していいですか?

http://www.time.com/time/photogallery/0,29307,2072487,00.html

http://www.nbcnews.com/id/43650531/ns/world_news-asia_pacific/t/s-korean-sex-workers-threaten-set-themselves-fire-protect-their-brothels/#.UVoTg4VmGv9



Protesting Korean prostitutes attempt to set themselves on fire.

抗議中に、韓国人売春婦達は自分達に火をつけようとしています。

Let me explain.

ここで説明します。

America is a country that treasures human rights for the individual.  And in particular, the rights of women world wide are a concern for Americans.  When people use the term "Sex Slave" to describe the Comfort Women, it resonates in the United States.

アメリカは、個人の人権権利を大切にしている国です。特に、アメリカ人が世界中の女性権利を心配しています。それで、慰安婦を説明する為に、英語で"Sex Slave"”性の奴隷”の単語を利用すると、アメリカではこれが深い意味に成ります。

But were these women indeed slaves?  No.  First of all, as distasteful as it may seem, it was common in both Japan and Korea pre war to sell daughters into prostitution.  For poor families with too many mouths to feed, this was the only option.

しかし、この女性達は本当に性の奴隷でしたか?違います。不快な事ですが、戦前朝鮮と日本両国では、貧しい家族が自分の娘を売春業界へ売る事が有りました。子供が多くて、貧しい家族の為に、この選択しか有りませんでした。

As far as the comfort women were concerned, they were paid.  The recruiters were all ethnic Koreans.  People have conjured up an image of the Imperial Japanese Army rampaging trough Korean villages, and hauling off screaming women.

慰安婦について、彼女達は給料を貰いました。募集している人は、当時の朝鮮人でした。有る人達の作ったイメージが、帝国陸軍の兵士が朝鮮の村に強制的に浸入して、叫んでいる女性達の髪の毛を引っぱって性の奴隷の生活へ連れて行きました。

This never happened.

こう言うな事が一度も有りませんでした。

Please refer to the Pdf below. 

下記のPdfを見って下さい。

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&ved=0CDEQFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.sdh-fact.com%2FCL02_1%2F89_S4.pdf&ei=MaVSUZbjLcfEkQW624F4&usg=AFQjCNGGResjVTolTk4gyz0uChvLACnT7Q&bvm=bv.44342787,d.dGI

On page 117, it lists some newspaper advertisements from 1944 for Comfort Women.  As a matter of reference, monthly pay is listed as ¥300.  At that time a Japanese Imperial Army sergeant was paid ¥30 a month.

117ページで、慰安婦募集の広告が有ります。月収は¥300です。当時の帝国陸軍軍曹の月収は、¥30でした。

The Korean government itself continued the Comfort Women system post war for US troops.

韓国政府が、戦後米兵の為に同じシステムを管理しました。

I have written about it extensively in my blog.  And I have visited the Silver town mentioned in my blog below.

私はその戦後韓国売春システムを自分のブログで書いています。下記のリンクで有るシルバータウンへ行った事が有ります。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2012/06/concerning-comfort-women-memorials.html

In any case, Koreans continued the system after the war.  And today, Koreans are the greatest human traffickers in the United States.

とにかく、韓国人は戦後同じ売春システムを続けました。現在、韓国人は米国で一番多い人身売買を行なっています。


If the Korean people in the United States are serious about combatting prostitution, why do they not cooperate with the FBI and stop the traffickers from their own community?

在アメリカ韓国人は売春業にたいして本気で戦うのであれば、何でアメリカFBIと協力して、自分達のコミュニティの犯罪者を止めません?

There are no organized Japanese prostitutes in the US at all.  Those massage parlors you see with names like Osaka and Nagoya, they are Korean.

アメリカでは組織的な日本人売春が一人もいません。その”大阪”と”名古屋”と言う名前のマッサージパーラーは、実は、韓国人経営です。

In any case, Japan has paid extensive reparations to Korea.

日本は韓国に戦争賠償金をいっぱい払っています。

http://www.jiyuushikan.org/e/reparations.html

At the time of payment, these funds were to settle all claims, including the Comfort Women issue.

その戦争賠償金を払った時に、すべてのクレーム、慰安婦問題も解決する意味でした。

And Japan has apologized, endlessly.

日本は、永遠に謝っています。

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_war_apology_statements_issued_by_Japan

Now it seems that some Koreans simply want more money.

現在、韓国人は只もっとお金を欲しいみたいです。

Koreans have a problem with history.  Years ago when I was in Korea, I was discussing WWII with some Korean people.  They insisted that their country had the worst experience of the war.

韓国人は歴史について問題が有ります。何年カ前に韓国に住みました。韓国人と第二次世界大戦の事を話しました。その韓国人は自分達の国がその戦争で一番悲惨な戦争経験と断言しました。

I am a WWII historian, and I differ with that assessment.  My candidate for country with the worst war experience, if I had to pick, would be Poland.  Invaded by both Germany and the Soviet Union, Occupied by Germany, the Jewish Warsaw Ghetto uprising of 1943, the Polish Home Army Warsaw uprising of 1944 all devastated the country.  Then the savage resistance of the German Army as the Soviets pushed towards Berlin.

私は第二次世界大戦の歴史評論家で、その評価は違います。もしどこかの国を選ぶと、私はポーランドを選択します。ドイツとソ連の両国に侵略されて、ドイツで占拠されました。1943年ユダヤ人ワルシャワ・ゲットー蜂起、1944年ワルシャワ蜂起が国を崩壊させました。それと、ソ連軍がベルリン方面へ進みながら、ドイツ軍が一緒懸命に戦いました。

And of course there was constant guerrilla activity.

勿論、厳しいゲリラ戦争も有りました。

Postwar, Poland lost a third of it's eastern territory and was ordered to takeover the former German territories of Prussia and Silesia.  Many people were killed and displaced.  All in all, Poland lost 25% of it's prewar population.

戦後、ポーランドは1/3の東の領土を失って、ソ連の命令で、元ドイツ領土のプロイセンとシュレジエンを自分達の土地としてとりました。多数の人々が殺され、難民になりました。その戦争で、ポーランドの人口が25%奪われました。

But when I was in Korea, Korean people insisted that their WWII experience was much worse than Poland.

しかし、韓国人が自分達の戦争経験がポーランドより大変だったと断言しました。

That is when Korean people lost my sympathy for any claim whatsoever about WWII.

その時に、大東亜戦争について、どんなクレームでも、韓国人が私の同情を失いました。

The thing about Koreans is, they did not resist the Japanese annexation of their country.  Most Koreans embraced it.  And this is their shame today.

韓国人と北朝鮮人の事について、日本の併合に抵抗しませんでしたし、同意しました。現在、それは彼達の恥です。

There was no resistance movement inside Korea.  There was one major riot in 1919 where some thousands were killed.  That was all.  There was a guerrilla movement in the far north of the country, but they could not base themselves inside Korea, their bases were in Manchuria.

朝鮮国内で、抵抗運動は有りませんでした。1919年に一つの大きな暴動が有った、それだけでした。最も北の所にゲリラ運動が有ったのですが、朝鮮の中で基地を出来ませんでした、基地は満州の中でした。

All they could do was make the occasional foray into Korea, they received no help from the Korean populace.  And they numbered only about 1,500 individuals.

たまに朝鮮の中に浸入して、朝鮮人から援助を貰いませんでした。数は、只1,500人位でした。

More Koreans have died fighting post war Korean governments than fighting Japan.

日本帝国に抵抗するより、戦後の韓国政府に抵抗して死んだ韓国人の方が多いです。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2012/08/president-lee-myung-bak-and-his.html

Koreans will tell you that they were forced to cooperate because Japan was so brutal.  Well in Europe, many Balts, Ukrainians, Russians and other nationalities fought in German uniform, something like 1 million.

韓国人の話で、日本が厳しい、ひどい国ですから、朝鮮人を強制的に協力させました。まあ、ヨーロッパで、数多くのバルト人、ウクライナ人、ロシア人などドイツ軍で戦いました。数が百万位でした。

Would the Holocaust Memorial & Tolerance Center put up a memorial to them?  By putting up such an exhibition for the Comfort Women, that is what you are doing.

ニューヨーク州ナッソー郡ホロコースト記念館は彼達に記念展示を造りますか?しかし、慰安婦問題の記念展示を造ると、そう言うな事をしています。

But these countries also had anti German guerrilla movements.  Korea has no such history.  And this is their shame today.  During WWII, they willingly fought for Japan.  They willingly recruited their own women for prostitution.

しかし、そのヨーロッパの国々がドイツ反対のゲリラ抵抗運動をしました。朝鮮ではそう言う歴史が有りません。大東亜戦争で、彼達は日本帝国の為に積極的に戦いました。積極的に自分達の女性を慰安婦で行なう為に募集しました。

By putting up this exhibition, you are getting involved with Korean inferiority complexes towards Japan.  And you are making serious historical mistakes.

この慰安婦記念展示を造るのは、日本にたいして韓国人の劣等感に入っています。それと、重要な歴史的な間違いをしています。

The only evidence the Koreans now have are a few eyewitnesses.  Yet any historian will tell you, eyewitness testimony is very unreliable.  You need other sources.

韓国人の証拠は、只数人の目撃者です。しかし、どんな歴史評論家でも、目撃者のみが信用出来ません。他の情報源が必要です。

Things just did not happen like Koreans say they did.  I seriously ask you to do more research into the true nature of Japanese/Korean relations.

その昔の歴史は、韓国人の言っている通りでは有りません。もっと日本人/韓国人/朝鮮人の関係を研究した方が良いです。

And to be fair, if you want to address women's issues, you should address modern day Korean human trafficking in the United States.

それと、平等にする為に、女性問題について、現在のアメリカ国内の韓国人人身売買を研究した方がいいです。

Thank you very much,

Max von Schuler-Kobayashi

Tokyo Japan