Tuesday, June 26, 2012

どうしてアメリカ人がそんなに無能なんですか?(Part 2) Why are Americans so inept?(Part 2)


Engineer shortage.

技術者は足りません。

This is truly crippling for America.  Here is an interesting chart showing the percent of foreign Ph.D's earned at American schools by foreign born students.

これは、本当にアメリカの障害に成ります。下記のグラフで、アメリカの大学の外国人博士の割合が分かります。



Well before, this was not a problem.  Most of these students would stay in the US, be employed by American firms.  So even if Americans did not study science, these foreign engineers and scientists would make up for it.

以前、これは、問題が有りませんでした。この新しい博士達はアメリカに残って、アメリカの企業で働きました。アメリカ人が科学を勉強しなくても、この海外生まれの技術者と科学者はその不足を補います。

Then came 9/11.  Since that time, America has gone insane with fear of terrorists.  The Transportation Security Authority no longer simply checks people at airports.

それでは、9/11事件が有りました。その時から、アメリカはテロ恐怖で気が狂っています。アメリカ国土安全保障省の運輸保安庁はもうただ空港で人をチェックするだけではないです。

They are making random security checks at bus stations, train stations, and on subways.

現在、バス停留所、駅、地下鉄などで無作為のチェックを行なっています。

http://www.guardian.co.uk/commentisfree/cifamerica/2012/apr/18/tsa-mission-creep-us-police-state



A random check for terrorists on the New York subway.

ニューヨーク地下鉄の無作為テロリストチェックです。

http://www.copblock.org/15160/racist-cops/

If you look suspicious, they detain you.  And if you are dark skinned from India and Pakistan, to the TSA you are a terror suspect.  You can be detained and strip searched.

怪しいと思われたら、拘束されます。もし浅黒い肌のインド人かパキスタン人でしたら、アメリカ国土安全保障省の運輸保安庁の考えで、貴方はテロ容疑者です。拘束され、裸にされ、所持品検査をされる可能性が高いです。

Recently a famous Indian actor, Shahrukh Khan was detained upon entry to the US at Newark airport.

最近、有名なインド人役者、シャー・ルク・カーンさんは、アメリカニューアーク空港で拘束されました。

http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-08-15/india/28189515_1_immigration-shahrukh-khan-inspection

Apparently it was his name which caused the detention.  The only reason he was freed was because the Indian embassy intervened on his behalf.

やはり、彼の名前で拘束されました、イスラム人の名前です。解放された理由は、インド大使館が立ち入りしました。

I have Japanese friends who have been strip searched at American airports.

私の日本人友達も、アメリカの空港で裸にされ所持品検査をされました。

Well if most engineers are not born American, and are constantly suspected of being terrorists, are being stopped and strip searched, how many of these people will stay and work for an American firm.

やはり、アメリカのほとんどの技術者はアメリカ人ではなく、それと、アメリカでいつもテロ容疑者と考えられ、拘束され、裸にされて、所持品検査にされて、何人がアメリカに残って、アメリカ企業で働きますか?

No, they will return home, or go to a country with more freedom than America.

働きません。自分の国へ帰る、それとも、アメリカよりもっと自由な国へ移民します。

And as the chart indicated above, most students of engineering and science are not Americans.  But it has become incredibly difficult for such students to obtain work visas in America after
graduation.  This is because the US government is worried that they might be terrorists.

上記のチャートを見ると、アメリカの大学の技術と科学の学生の大多数はアメリカ人ではないと分かります。しかし、卒業後、この学生達はアメリカで働く権利が有るビザを貰う事が不可能に近いです。その理由は、米政府はこの学生達がテロリストに成る事を心配していますから。

In fact, the problem is serious that some Silicon valley companies are proposing to base engineers on ships anchored outside US territorial waters.  But it seems rather desperate to me.  Such an engineer can make a high salary, why would they want to live on a ship?

この問題はとても大変に成っていて、いくつかのシリコンバレーの会社は提案が有ります。この提案は、ビザをもらえない外国人技術者は、アメリカ領海外で停泊している船に住む事です。アメリカ領海は、海岸から3マイル(約4.8 km)です。しかし、これはちょっと絶望的な考えではないですか?こう言うな技術者は高い給料を要求出来るので、船に住みたくないでしょう。



Many American science graduates prefer careers in Finance.

アメリカの科学専攻の卒業生は、金融会社の方で働きたいです。

http://www.businessweek.com/bwdaily/dnflash/content/oct2009/db20091027_723059.htm

And the US military is admitting to difficulty in attracting engineers and scientists who are US citizens, although they claim it is a future problem.

アメリカ軍隊でも、将来、アメリカ国籍の技術者と科学者を雇用する事が難しく成ると認めます。

http://www.usnews.com/news/articles/2012/03/06/report-military-engineer-shortage-could-threaten-security

Actually, I think they have a problem now.

実は、現在、困っているでしょう。

And finally in America, there is a culture of cheating.

それと、やはりアメリカで”騙し”の文化が有ります。

We all know about the financial disaster that started in American banks and financial institutions in 2008.  Here they are admitting that they lied and cheated their customers and their shareholders.

2008年のアメリカ銀行、金融会社が行なった経済危機の事件、全世界が分かっています。このリンクで、その一つの金融会社の役員達が、当時でわざと自分のお客様と株主を騙したと認めます。

http://www.motherjones.com/politics/2012/06/bank-of-america-lawsuit-ken-lewis-merrill-lynch

Banks and financial institutions have become rich by encouraging people to take loans that are guaranteed to fail.  Then the banks tell these people that they were foolish to believe them?  Their misfortune is their fault, not the bank?

銀行と金融会社は、絶対損に成るローンをお客様に勧めています。その後、お客様が困っている時に、銀行の返事は、”貴方のせいですよ!貴方は私達を信じて、甘かった!” 銀行の方が責任ない、こう言うふうに話して良いですか?

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2011/10/america-land-where-law-died.html

And companies that make products for the military cheat too.  In tests for anti missile systems, the manufacturers used "aids" on the target missile.  This ensures that the test will be a success, even though in actual combat, the missile is guaranteed to fail.  Simply put, a potential enemy will not put "aids" on their incoming missiles.

軍事産業で、騙しも多いです。ミサイル迎撃システムで、目標ミサイルに ”エイド”(発見をヘルプする為の機械、例えば熱を出す機械)に付けます。こう言うやり方で、テストは絶対成功に成ります。しかし、実際の戦争の場合、そのミサイル迎撃システムは必ず失敗に成ります。何故か、敵は自分の攻撃ミサイルに”エイド”を付けません!

http://news.google.com/newspapers?nid=1842&dat=19930908&id=8k0eAAAAIBAJ&sjid=M8cEAAAAIBAJ&pg=3164,1059722

Perhaps in a general way, we can say that this type of corporate military contractor cheating started with President Reagan.  He is the one who promoted "Star Wars", systems to shoot down incoming nuclear missiles.  The idea was to scare the Soviet Union, and force them to spend too much on their military.  That was supposed to force economic collapse of the Soviet Union.

もしかしたら、軍事産業の騙しは、レーガン元大統領で始まったと言えるかも知れません。彼はスターウォーズ計画、アメリカへ向かっている核兵器付きミサイルを撃つシステムを勧めました。この裏の目標は、ソ連を脅かして、それで、ソ連の軍事産業がお金を使い過ぎて、ソ連と言う国が破産に成る作戦でした。

However, I think we can say that this concept backfired.  Yes, the Soviet Union did disintegrate.  (Well Presidential Candidate Mitt Romney does not understand that)

しかし、その計画は裏目に出てしまったでしょう。はっきり、ソ連と言う国が崩壊しました。(大統領選挙候補者ミット・ロムニー氏はこの真実を分かっていません。)

http://news.yahoo.com/blogs/ticket/medvedev-slams-romney-anti-russia-comments-165913419.html

But with the "Star Wars" program, military contractors were attempting to do the impossible.  Such anti missile systems have never worked.  But President Reagan wanted them, or least the appearance of research.  So military contractors learned that they could produce very expensive, very profitable systems that didn't work, and that the government would buy them.  The ironic thing here is that the military industrial complex in America has grown so big and is so expensive, that with the games played by the financial industry, it threatens to destroy the American economy.

スターウォーズ計画で、アメリカの軍事産業は不可能の事を企てました。そう言うなミサイル迎撃システムは上手くいった事が有りません。しかし、レーガン大統領はそのシステムを欲しかった、まあ、とにかくそのシステムを研究しているかたちを欲しかった。それで、アメリカ軍事産業は、とても高く、とても利益に成る、役に立っていない武器を造れば、アメリカ政府はそのシステムを購入します。皮肉的な事は、アメリカ軍事産業はとても大きくに成って、それとアメリカ金融産業のマネーゲームと含めると、現在のアメリカ経済を壊す危機に成っています。

Of course there have been many aircraft designs that the military rejected.  That is why prototypes are built and tested.  This is where you discover problems that are not apparent in blueprint designs.  Here are some examples of prototypes built but the aircraft was judged to not be workable, and cancelled.

勿論、軍隊が拒否した軍機計画がいっぱい有ります。この理由の為に、原型を造るテストをします。図面で分からない問題は、こう言う風に見つけます。下記のリンクで、色々な原型で中止された軍機の設計です。

http://www.strange-mecha.com/aircraft/Cancel/USAF-CF1.htm



The McDonnell Douglas XF-85, a cancelled fighter plane

マクドネル・ダグラスXF−85、中止された戦闘機です。

When I lived in America 38 years ago, of course there were cheats in the corporate world.  But there were not so many cheaters as now.  It seems as if cheating has become widespread.  Years ago, if an aircraft prototype did not work out, it was cancelled.  But now we have military contractors fixing the tests so that expensive under performing aircraft can easily pass.  That is cheating.

私は38年前にアメリカに住んでいて、勿論、企業の世界で、騙しをする人がいました。しかし、現在、とても多く成りました。ほとんどの商売は、騙しみたいです。昔、軍機の原型は、性能があまり上手くないと、中止にされました。でも、現在、軍事産業の企業はその軍機のテストをわざと簡単にして、それか完璧に嘘の結果を作っています。それは、騙しです。

So why can't America build good warplanes anymore?  Well, I have thought of four reasons.  One, a concentration on promoting people because of their race or sex, even if they are not qualified.  Two.  A decline in education standards inside the US.  Three.  Paranoia of terrorism is driving out non American engineers and scientists.  Four.  And American companies cheat on a grand scale.

それで、どうしてアメリカはもういい軍機を造りませんか?四つの理由を考えました。一つ、昇進の為に、民族でも性別の方は大切に成っています、二つ、アメリカ教育基準は下がっています。三つ、テロのパラノイア(被害妄想)で外国人技術者と科学者はアメリカを出ています。四つ、アメリカの企業は大規模で騙しをしています。

Perhaps it is time for Japan to buy military equipment from Europe, or even Russia.  Russia has a stealth fighter in testing, the Sukhoi T-50.  It is about 1/3 the price of an American F-22.

もしかしたら、日本はヨーロッパから、ロシアでも軍備を買うべきかも知れません。現在、ロシアはステルス戦闘機、スホーイT−50を研究中です。アメリカのF−22の値段の1/3です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Sukhoi_PAK_FA

According to Wikipedia, the South Korean Air Force has considered the plane.

ウィキペディアで、韓国空軍もそのロシアの飛行機を考えました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Republic_of_Korea_Air_Force#F-X_Phase_3

If Japan approached Russia for a military aircraft, this would certainly get attention in America.  Maybe then, they would get their act together, and begin to produce decent, workable military equipment again, for a reasonable price!

もし日本がロシアと軍機購入交渉を始まったら、アメリカはびっくりします。それで、もしかしたら、アメリカがだんだんちゃんとして、役に立つ、利用出来る、合理的な軍機を再び造るかも知れません。


Friday, June 22, 2012

米国で韓国人が”慰安婦”の記念碑について Concerning the "Comfort Women" memorials being set up by Korean/Americans


Recently, South Koreans living in America have started setting up memorials to the so called Comfort women problem.  Apparently, they want Japan to pay more money than Japan already has.

最近、アメリカに住んでいる韓国人と韓国系アメリカ人は、太平洋戦争の”従軍慰安婦”と言う問題についての記念碑を建立しています。何と言うか、今まで日本が韓国にいっぱい賠償金を渡したのに、もっとほしい見たいです。

Japanese war reparations

日本の戦争賠償金

http://www.jiyuushikan.org/e/reparations.html

The South Korean government promised to pay individual compensation to various victims out of this fund.  But they did not, they used the money for economic development.

韓国政府はこのお金から色々な個人の人にお金を払うと約束したけれど、経済開発の為に使いました。

http://www.japanprobe.com/2012/05/24/the-comfort-women-monument-in-new-jersey/

The Japanese government has apologized endlessly.

日本政府は延々と謝っています。

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_war_apology_statements_issued_by_Japan

Frankly, I am not sure what they want exactly.  But I will state a few things.

はっきりと、現在の問題を起こしている韓国人は具体的に何をしてほしいのかよく分からないけれど、いくつかのポイントを書きます。

First of all, I do not think Japan a criminal nation for going to war.  White European countries and America were dominating the countries around Japan and colonizing them.  Japan's choice was to fight or be destroyed.

第一、戦争開始で日本は犯罪国では有りません。ヨーローッパの白人の国とアメリカが日本の回りの国々を支配と植民地にしました。

OK, yes, comfort women did exist.  It was a system of prostitution for Imperial Japanese soldiers.  Japan was not the only country to have such a system, the French Army also did so.

はっきりに言うと、従軍慰安婦はいました。帝国軍兵士の為の売春システムにしました。こう言うなシステムは日本だけではなく、フランス軍も有りました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Bordel_militaire_de_campagne

In the years before the Second World War, there was a very different attitude towards prostitution than today.

第二次世界大戦の前の時代に、売春について現在とは考えは違いました。

However, there is a curious thing about South Koreans.  They keep saying how terrible Japan was.  Yet, after the Second World war, the South Korean government sponsored the same type of system of prostitution in South Korea for US troops.

しかし、韓国人について不思議な事が有ります。永遠に日本がひどいと言います。しかし、第二次世界大戦後、韓国政府は同じの様な売春システムをアメリカ兵の為に管理しました。

Many of these bars for American troops with prostitutes were openly government run.

このアメリカ兵の為のバーが韓国政府管理と言う事は秘密では有りませんでした。

http://www.nytimes.com/2009/01/08/world/asia/08korea.html?_r=2&pagewanted=all

Also, today, Korean prostitution in many countries is quite a big business, and well organized.

現在、色々な国で韓国売春はとても大規模なビジネスです。本当に組織的です。

In America, Korean girls are deceived, brought into America, forced to do prostitution, and treated like slaves.  They are treated very badly.  Their passports are taken, their every move is watched by a minder.  Their pay is very little.  If they make trouble, they are beaten.

アメリカでは、韓国人女性は仕事内容に騙されて、強制的に売春の仕事をさせられ、奴隷のような扱いにされています。本当に、現在、アメリカでこのひどい扱いが有ります。パスポートをとられ、いつでも管理者がいます。お金もほとんど貰いません。ちゃんと従わない場合、殴られます。

All these things are being done today, by Koreans.

こう言うひどい事、すべて韓国人が行なっています。

http://www.oocities.org/eastasianissues/ComfortWomen/KoreanProstitutionBiz.htm

http://tonchamon.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/more-than-200-k.html

http://news.infoshop.org/article.php?story=2008lydersen-trafficking

So what is it with South Koreans?  They scream very loudly about things they say Japan did 70 years ago.  However, they can these things today themselves?

いったい、韓国人はどう言う事ですか?70年前の日本の事を叫びますが、現在の韓国人のそう言う活動を許しますか?

I have been to Korea several times.  I have seen these government sponsored places of prostitution.  I have been to Kunsan "Silvertown" an area of prostitute bars.

私は韓国へ数回行った事が有ります。そのクンサン、”シルバータウン”、韓国政府管理の売春バーを見た事が有ります。



A bar street in Kunsan silvertown.

クンサン、”シルバータウン”のバー街です。

It was a walled compound, a Korean uniformed government security guard, and a uniformed US Air Force Air Policeman were  at the gate.

回りに塀が有って、門で韓国政府の制服を着ている警備員とアメリカ空軍の制服を着ている空軍警察官がいました。

This means the US government was aware of what was going on. 

この意味は、アメリカ政府はどう言う事に成っているかが分かりました。

In Korea, many Koreans would tell me how terrible Japan was in the war to Korea.

韓国で、数多くの韓国人は戦争で日本がひどかったと言う事を話しました。

Well, the fact is, I am very knowledgeable about the  Second World War.  In my opinion, the country that suffered the most was Poland.  25% of Poland's people were killed, and it was invaded by both Germany and Russia.  Many terrible battles were fought on Polish soil.

真実は、私は第二次世界大戦について本当に詳しいです。私の意見で、一番可哀想な国、一番苦しみが有った国は、ポーランドでした。ポーランドの国民の25%は、命を奪われ、ドイツとソ連、両方から侵略されました。ポーランドの領土で、残酷な、厳しい戦いがいっぱい有りました。

But if I talked to my Korean friends about this, they would get very angry.  They would insist that their experience was the worst of the war.

しかし、韓国人の友達にこう言うな事を話したら、彼達は怒りました。自分達の経験はその戦争の最も悲惨と主張しました。

And it is this aspect of Korean people that I find difficult.  Certainly, there were some harsh aspects to Japan's occupation of Korea.  However, Korean elites cooperated with Japan.  And the anti Japanese guerrilla movement was very small, and never had any real support inside Korea.  They spent most of their time in Manchuria.

それで、この所で、韓国人と付き合いするのは、難しいです。勿論、日本の朝鮮半島の占拠は優しいと言いません。しかし、昔の朝鮮のエリートは日本と協力しました。日本に反対のゲリラ運動は本当に人数は少なかったし、昔の朝鮮の中で支持は有りませんし、ほとんど満州にいました。

The fact is, in WWII, Korea had a relatively easy time.  No major battles were fought there.  There was no guerrilla activity to speak of.  Japanese rule did not slaughter individuals.

事実は、第二次世界大戦の時はわりと厳しくなかった。朝鮮半島で戦は有りませんでした。ゲリラ戦争も有りませんでした。日本政府は人を大虐殺をしませんでした。

I know what I am talking about.  I am an ethnic German.  I know full well what happened in Russia, or other countries occupied by Germany.  I know well about the holocaust of exterminating Jews and other peoples.

私はこの話を分かります。私はドイツ民族です。ロシアとドイツが占拠した他の国でどう言う事が有ったのか知っています。ユダヤ人とその他の民族の大虐殺について、私は詳しいです。

The Korean experience in WWII just does not compare, and it angers me when they cry about their troubles.  The truth is war is a terrible thing, but almost all countries involved in the war had a worse time than Korea.

韓国人/朝鮮人の戦争経験は比較にも成りませんし、それで自分達は悲惨でしたと叫ぶと、私は怒ります。真実は、戦争はひどい事ですが、第二次世界大戦に関係が有った国がほとんど全部朝鮮半島より悲惨でした。

And even in WWII, the Korean comfort women were recruited by ethnic Koreans, and then passed on to the Japanese military.

その当時のもう一つの真実は、昔の朝鮮の慰安婦は朝鮮人でスカウトされて、それで日本軍に渡されました。

http://zeroempty000.blogspot.jp/2006/06/koreahow-korean-comfrot-women-were.html

Let us keep our history straight.

やはり歴史の真実を守りましょう。

I understand that more such monuments are planned in the US.

また、これからアメリカで、新しい”従軍慰安婦”記念碑を計画中みたいです。

http://www.qchron.com/editions/north/koo-plans-honors-for-comfort-women/article_7823cc87-b2e3-5c50-82e6-49a8c028f156.html

Japan has sent a petition with 25,000 signatures to the US a protest.  But my American sources indicate this will ignored.  Well the point here is, for President Obama, we cannot vote in American elections.  And a lot of these Korean/Americans are citizens and can vote.

日本人25,000人の署名の請願書は、抗議の為に日本からアメリカへ送りました。しかし、私のアメリカ情報源を読むと、アメリカ政府はその請願書を無視するでしょう。まあ、オバマ大統領の立場で、私達日本人は選挙で投票を出来ません。それで、その数多くの韓国系の人がアメリカ国民に帰化して、投票を出来ます。

Well, what can we do?  In America, there is freedom of speech.  However, in America, State governments, and local governments, are forbidden from conducting foreign policy.

日本はどうしたら良いですか?アメリカでは、言論の自由が有ります。しかし、アメリカの州政府、都市の政府は、外交を行なう事が禁止です。

I think what has to happen here is that the Japanese government should hire a team of lawyers in America to prove that this monument craze WILL have foreign policy implications.

それで、日本政府はアメリカで弁護集団を雇用して、こう言うな記念碑の運動は外交に傷に成る事をアメリカのリーダー達にはっきり教えるべきと思います。

And if the American government ignores us, then we should begin to do things like, cancel joint cultural or sporting events to show our anger.  And then if that doesn't work, well we have a lot of trade and military ties that could be reviewed.

それで、アメリカ政府が日本の事を無視すると、それではだんだん共同の文化イベント、スポーツイベントを中止した方が良いです。それもだめでしたら、貿易、軍事の事も考え直ししたら良いかも知れません。


I want to the US government that they should respect Japan.  We have paid reparations, even if the history was not clear who was in the wrong.  And in war, everybody is wrong in some way.  America had the luxury of winning the war, the terrible things America did could be erased, or forcibly forgotten.

私は、アメリカ政府が日本を尊敬してほしいです。その歴史は、誰が悪いとはっきりしていないのに、日本は戦争賠償金を払っています。アメリカは戦争を勝ちました、自分達のひどい事を隠しました、それとも忘れさせました。まあ、勝利した国がそう言う事を出来ます。

But I think that this problem will increase.  But how can Korean Americans today demand apologies for events 70 years ago, when present day Koreans are the biggest source of prostitution trafficking in the US today?

でも、やはりこの問題はこれからもっと大変に成るでしょう。しかし、どうして現在の韓国人が70年前の事をまた謝罪を要求して、実は、アメリカで売春の人身売買が韓国人が一番多いですか?





Sources of foreign prostitutes inside the USA.

アメリカ国内で海外から人身売買されている売春婦の国籍です。


このブログを応援して下さる方は、下のアイコン(海外ニュース、国際政治外交)にクリックをお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

Wednesday, June 13, 2012

どうしてアメリカ人がそんなに無能なんですか?(Part 1) Why are Americans so inept?(Part 1)


In a previous on this blog, I wrote about the problems with The F-22 and F-35 fighter aircraft in the US.  From my research, it is obvious that both planes are deeply flawed.  Yet America used to build such fantastic aircraft such as the F-4, F-16, F-15, and A-10.

このブログの以前の投稿で、アメリカのF-22とF-35戦闘機の問題について書きました。私の研究で、両方の軍機の欠陥が多いです。しかし、昔、アメリカは素晴しい軍機、例えばF-4、F-16、F-15、とA-10を造りました。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2012/05/f-35-f-35-is-real-dog-boondoggle-japan.html

So what happened?  Why is America now so inept?  I will try to explain what has happened in American society over past 35 years or so, in effort to discover why.

どう成った?どうして現在のアメリカはそんなに無能なんですか?この投稿で、最近の35年間のアメリカ社会を説明して、その理由を教えます。

First, I will talk about Affirmative Action.  This is a government program, that was begun in 1961.  It was designed to eliminate discrimination.

まず、アファーマティブ・アクションを話します。これは、1961年で始まったアメリカ政府プログラム、目標は、アメリカで民族差別をなくす事でした。

http://en.wikipedia.org/wiki/Affirmative_action

That fact is, since America's founding, there were two great crimes committed in America.  One was the importation of Africans as slaves.  The other was the genocide committed against the native Indian population.

真実は、アメリカ建国から、アメリカ人が二つの巨大な犯罪が行ないました。一つは、アフリカ人を奴隷としてアメリカに強制的に連れていきました。もう一つは、アメリカインディアンを大虐殺の事でした。

Affirmative Action was part of an effort to correct these wrongs.  But it hasn't worked out so well.  One, with African Americans, it has become very difficult to fire a Black person from a job if they don't perform well.  They will sue for racial discrimination.

アファーマティブ・アクションは、現在のアメリカの黒人、アメリカインディアンに、この前の犯罪の結果をなくす事です。しかし、あまり上手くいっていません。一つの問題は、黒人の場合、仕事を上手くしなくても仕事場で解雇する事は、とても難しいです。裁判で、差別の事で訴訟を起こします。

The facts of America are that White people just don't like Black people.  White people refuse to accept Black Americans as human.  The extreme negative reaction against the election of President Obama surprised many American liberals.  Not me. 

アメリカの真実は、白人は黒人を嫌いです。白人は心の中で黒人の事を人間として考えません。オバマ大統領の当選の超否定的な白人の反動で、アメリカの自由派が驚きました。私は、驚きませんでした。

American liberals like to think that America has progressed to a country where racial hatred is a thing of the past.  I am a Caucasian person, White, yet my heart is Japanese.  So when I see American society, the Americans around me speak and act as if I am a White man.  Yet I see them with Japanese eyes, I hear them with a Japanese heart.

アメリカ自由派の人達の考えは、アメリカの民族差別が、昔の問題として、国が進化しました。私は白人ですが、私の心で日本人です。私はアメリカの社会に入ると、回りのアメリカ人が私も普通の白人として話と活動します。しかし、私はその社会を日本人の目で見たり、日本人の耳で彼達の話を聞いています。

There is still much hatred in America, I know.

アメリカ社会の中で、沢山の嫌悪がまだ有ります。私はその真実をよく分かります。

But Affirmative Action has not really helped the majority of American Black people.  Their education is much poorer than that of White people, they have few jobs.  Particularly in the type of cruel capitalism that has existed in America since President Reagan, many Black Americans are unemployed.

しかし、アファーマティブ・アクションは大多数の黒人に役に立ってません。白人より教育はひどく、仕事は少ないです。特に、レーガン大統領政権で始まった厳しい資本主義時代、数多くの黒人は失業です。

http://www.cbsnews.com/2100-18563_162-20072425.html

Actually, the only place where Affirmative Action has worked out well is in the military.  White troops will accept and obey the commands of Black superiors.  But in general American society, there is still much hatred.

実は、アファーマティブ・アクションが上手くいった所は、軍隊だけです。白人の兵士は、黒人上司の命令を受けて従います。しかし、普通のアメリカ社会で、嫌悪は沢山有ります。

However, because of the slavery issue, I can understand the plight of African Americans.  What does really anger me though is American White women, and the feminist movement.  Since birth, they have been of the privileged race in America.

けれども、奴隷問題が有りますから、アメリカ黒人の事を何とか理解出来ます。私が怒りに成る事は、白人女性とフェミニスト運動です。生まれから、彼女達はアメリカの特権階級です。

And they are very combative.  A lot of the actions they are taking seem to have nothing to do with ending discrimination against women, but are simply revenge against men.

彼女達はとても好戦的です。それで、いっぱいの彼女達の活動は、差別反対ではなく、男に対して復讐みたいです。

I really cannot understand the reason for pregnancy sympathy suits.  This is weighted suit that men wear, to understand what pregnant women feel like.

私は妊婦同情スーツを理解出来ません。これは、男が着る重りを付けられたスーツで、このスーツで男が妊婦の気持ちを理解する為に着ます。




A pregnancy Sympathy suit

妊婦同情スーツです。

http://www.crestock.com/image/1579726-Pregnancy-Sympathy-Suit.aspx

At a price around $900, it seems expensive for such a silly device.

値段は$900位で、こう言う愚かな物はけっこう高いです。

http://home-health-care.medical-supplies-equipment-company.com/product/empathy-belly-pregnancy-suits_2748.htm

How does this work out in the workplace?  Let me quote from another net friend, a former Marine like myself, Fred Reed.

仕事場でどう成っていますか?ネット友達、私と同じの元海兵隊フレッドリッドさんから、引用します。

http://www.fredoneverything.net/MilWomen.shtml

In the link above, he prints letters from various military people, who talk about the problems of women in their units.  In the second to last letter, he describes an MP (Military Police) unit in Korea whose commanding Captain has to wear a pregnancy sympathy belt.

上記のリンクで、色々な現役軍人が手紙を書いています。話題は、自分の部隊の中で、女性との問題です。最後から2番目の手紙で、在韓アメリカ陸軍警察中隊の事、軍命令で男性の中隊大尉(中隊長)がこの妊婦同情スーツを仕事中で着なければ成りません。

And apparently the existence of urinals is insulting for some women.  in the US Navy, they are trying to get them removed from warships, as they feel their existence is insulting to women.

それと、有る女性の為に、男性用小便器の存在は女性に失礼と感じています。アメリカ海軍で、男性用小便器を軍艦からなくす事を努力中です。

http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20100517102924AARdfZ4

http://www.fredoneverything.net/Potties.shtml

These are not real problems of discrimination, American women are searching for problems. 

こう言うな事は本当の差別問題ではなく、アメリカの女性はわざと問題を探しています。

I myself have some experience of this.  In 1980, I worked in the American headquarters of Komatsu America in San Francisco.  All the white secretaries of Japanese managers banded together, and decided that the title "secretary" was sexual discrimination.  They demanded that their job title be changed to "administrative assistant".

私はこの問題の経験が有ります。1980年、私はサンフランシスコのコマツアメリカ本部で仕事をしました。日本人マネジャーの白人女性秘書はグループを作って、秘書と言う言葉は性的差別と決めました。自分達の仕事のタイトルを重役補佐に変えろ!と言う要求をしました。

It was a waste of time, and distracted from actual work.

時間の無駄でしたし、仕事の邪魔になりました。

I think American women became jealous of American government efforts to help Black Americans.  But with such actions as those described in the links above, work efficiency decreases.

やはり、アメリカ人女性はアメリカ政府の黒人を手伝う努力をうらやむ気持ちをもっています。しかし、上記で書いた活動で、仕事の能率は下がります。

I can guarantee you, that the officer who has to wear the pregnancy sympathy suit, or the Admiral who wants to eliminate urinals on the aircraft carrier, these men are wasting time on social issues.  The military efficiency of the unit decreases to uselessness.  If such things are happening in a company, people are paying more attention to social issues than actual work.

やはり、その同情妊婦スーツを着ている大尉、それと軍艦から男性用小便器をなくすように集中している海軍将軍、この男達が社会問題で時間を無駄にしています。その部隊の軍事能率は、下がります。会社の場合、皆は仕事を考えているではなく、社会問題ばかり集中しています。

And more and more different groups of people, such as gay people, are springing up, and demanding recognition, and some sort of compensation, because they are are a victim.  I have no
problem with a person holding a position.  I don't care if they are a woman, Black, Gay or whatever.  But they should hold that position because of their ability.  No exceptions.

それで、だんだん色々な異なるグループ、例えば、ゲイの人は出て、自分が被害者と言って、国から援助を貰うべきと要求しています。会社、官僚、軍隊で、黒人、女性、ゲイの人達が責任の仕事をする事は、私に問題が有りません。しかし、その仕事を行なう理由は、その本人の能力でするべきです。例外なしです。

And production suffers.

結果は生産が低下します。

Now let's take a look at education.

それでは、教育問題を考えましょう。

It is terrible.  Well, some of my Japanese readers might say, "Max what do you mean?  I went to University in America.  It was an excellent education!" 

ひどいです。まあ、何人もの私の日本人読者から、”マックス、それはどう言う意味ですか?私はアメリカの大学へ行って、素晴しかった!”と言うかも知れません。

Yes that would be very correct.  However, the condition of American secondary and primary education is terrible.

確かに、その事は正しいです。しかし、アメリカの小中高の教育はひどいです。

http://abcnews.go.com/2020/Stossel/story?id=1500338#.T9ZXevFmGv-

And test scores are showing the results.

この事は、テストの結果で分かります。

http://4brevard.com/choice/international-test-scores.htm

America is dismally behind every other country in the developed world.  In the above link, one of the causes stated is American math and science text books are very inferior. 

先進国の中で、アメリカは一番低いです。上記のリンクで書いている様に、アメリカの科学と数学の教科書は、とても二流的です。

Also, American schools spend much time teaching social re-engineering.  That means teaching about Black people's rights, the rights of women, or Gay people.

それと、アメリカの学校は、社会問題、例えば黒人、女性、ゲイの権利についていっぱいの時間をかけています。

Well, trying to eliminate prejudice is a fine ideal, but too much concentration on that subject takes away from true education in math and the sciences.  And those subjects are vital to maintain a modern technical society.

やはり差別をなくす事は良い目標ですが、そう言う事ばかりに集中すると、数学/科学の教育出来る時間は少なく成ります。現在の技術の社会を守る為に、科学と数学は命にかかわっています。

And of course, there are the Christian Fundamentalists.  Education has always been important area for them.

勿論、原理主義キリスト教は影響が有ります。彼達にたいして教育を深く考えています。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2008/09/fundamentalist-chrisitianity-and-its.html

The goal of Christian Fundamentalists is to destroy the present Department of Education and replace it with Bible based concepts, such as Intelligent Design.

原理主義キリスト教運動の目標は現在のアメリカ教育省をなくして、聖書通りの教育、例えば、知的設計論を取り替えする事です。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2010/11/thoughts-on-american-mid-term-elections.html

http://en.wikipedia.org/wiki/Intelligent_design

Then you end up with students who believe Jesus rode a dinosaur.

それで、イエス様は恐竜に乗った事が真実と思っている学生が卒業して社会に入ります。



You just cannot take a high school kid believing in such nonsense and turn him or her into a scientist or an engineer!

こう言う愚かな事を信じている学生が、技術者それとも科学者に成りません!

And in my own experience, American students lack motivation.  In my high school in Portage Wisconsin, most students would study the bare minimum to get into a University.

私の経験で、アメリカの小中高の学生はやる気を欠いています。私の高校、ウィスコンシン州のポタジー高校、ほとんどの学生は大学に入る為にぎりぎりの入学に必要な科目しか勉強しなかった。

And oh yes, for about 20 years, Ritalin and other strong anti-depresent drugs are being used to control students.  Many American teachers and psychologists say these drugs are needed to control hyper active children.  When I was in school, if you screwed around, the principal would pull off his belt and whack you.  But drugging kids, well by the time they leave high school, they will be addicted, zonked out zombies.  And they certainly won't be able to function as engineers or scientists.  In fact, many of them leave school permanent drug addicts.

リタリンを忘れていました。20年間位、リタリンとその他の抗うつ薬は生徒をコントロールする為に利用されています。数多くのアメリカの学校の先生と心理学者が、異常に活発な子どもをコントロールする為に必要と思っています。私は学生時代、変な行動をしたら、校長先生がベルトでお尻を叩いていました。しかし、子供にこの薬を飲ませると、高校卒業の時に、麻薬中毒者、麻薬に酔ったゾンビに成っています。勿論、技術者、科学者の仕事は無理です。実は、数多くは永遠に麻薬中毒者に成っています。

http://www.sntp.net/ritalin/time_bomb.htm

Officially, across America, some 1.5 million school children take the drug regularly, although school nurses claim the true number is really 3 million.

アメリカ政府の話で、アメリカ全土で150万の子供達はこの薬を利用していると言っていますし、学校の看護婦の話で、実は、300万人と言っています。

http://www.theodora.com/teddy/newyork/ritalin.html

America is a new country.  People have a belief that drugs can do anything, since they are newer than traditional methods of child control, such as spanking.  In fact spanking of school children is illegal in 31 states.  Americans have a very great belief in the power of psychiatry, and these psychiatrists are increasingly prescribing drugs to control school children.  It is a mistaken belief.

アメリカは新しい国です。アメリカ人は薬で奇跡が出来ると信じています。何故か、アメリカ国と同じ様に新しい方法、勿論、アメリカ人の考えで伝統的に子供をコントロールする方法、例えばお尻をたたく、は信じません。実は、お尻たたきは、31州で違反です。アメリカ人はよく精神学者を信じて、この精神学者は沢山の薬を処方します。これは間違いの信念です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Spanking


A child taking his dose of Ritalin.

子供はリタリン(◆注意が不足する病気(ADD, attention deficit disorder)の薬。アンフェタミンのような中枢神経興奮剤。)を飲んでいます。

To be continued

続きます。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2012/06/part-2-why-are-americans-so-ineptpart-2.html

このブログを応援して下さる方は、下のアイコン(海外ニュース、国際政治外交)にクリックをお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

Saturday, June 9, 2012

アメリカ大統領選挙 The American Presidential election


Well America is in Presidential election season.  Unlike most people in America, I do not watch the polls day after day.  I mean, there are some 5 months left before the election.

現在、アメリカは大統領選挙の季節です。ほとんどのアメリカ人は毎日世論調査を見ていますが、私は違います。やはり、選挙までは後5ヵ月です。

However, this poll shows that Romney is now nearly as popular as Obama, they are pretty close.

しかし、この世論調査で、ロムニー候補者の支持率はオバマ大統領と近いです。

http://www.rasmussenreports.com/public_content/politics/obama_administration/daily_presidential_tracking_poll

There are many things that I am disappointed in President Obama with.  This is normal.  A Presidential candidate promises many things, and often fails to deliver them when he gets elected.

私はオバマ大統領に失望している事は多いです。これは、普通です。選挙で、大統領候補者はいっぱいの公約をします。当選したら、守られない公約は沢山有ります。

Well, an American President is a human being, not a God.  And there are many forces in American politics.

やはり、アメリカの大統領は神ではなく、人間です。アメリカの政治で権力者と組織はいっぱい有ります。

However, there is one thing that President Obama accomplished, that in my opinion deserves more notice that it has gotten.  He stopped the Republican Candidates drive to start a war with Iran.

しかし、私の意見で、オバマ大統領の一番大きい功績は、あまりマスコミで話題に成っていません。彼は共和党候補者達のイラン戦争を始める努力を止めました。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2012/01/japan-americaand-iran-war.html

Such a war would have been a disaster for the entire world.  To me, this is his greatest accomplishment.

そう言うな戦争は、世界に対して大災害でした。これは、オバマ大統領の一番偉い功績でした。

On the other hand, Candidate Romney has not made a clear statement of position on any issue, and has often changed his mind.

逆に、ロムニー候補者はどんな問題でもはっきりの立場を宣言していませんし、よく考えが変わります。

Well, his problem is his religion.  The Republican party has increasingly become a party of the radical Christian Right, the Christian Fundamentalists.

彼の問題は、彼の宗教です。共和党はだんだん極端なキリスト教右派、原理主義キリスト教の政党です。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2010/04/is-america-sliding-into-civil-war.html

Perry and Bachmann were open Christian Fundamentalists, and the movement choose Santorum after their efforts failed.

ペリー候補者とバックマン候補者は、完璧に原理主義キリスト教の候補者でした。彼達の努力はダメに成ってから、その原理主義キリスト教運動はサントラム候補者を選びました。

That the Christian Fundamentalist movement could actually field open candidates in a Presidential election, I find very worrying.  However, the fact that their candidacies failed, I find reassuring.

原理主義キリスト教運動は大統領選挙に候補者を参加させる事が出来た真実は、とても心配な事です。しかし、その努力は失敗に成った事は良かったと思います。

Americans are still not ready to vote crazy religious revolutionaries into office.

普通のアメリカ人は、まだ愚かな宗教革命者に投票しません。

But the problem is that they still dominate Republican party politics.  If Mr. Romney is elected President, I fear he will have to compromise too much with the Christian Right.

問題は、原理主義キリスト教運動は共和党の党内政治を支配しています。もしロムニー候補者が大統領に成ったら、原理主義キリスト教と妥協をし過ぎの恐れが有ります。

And he is very ignorant of the realities of the Muslim world.

それと、イスラムの世界に対して、無知過ぎです。

http://www.juancole.com/2012/05/romney-wants-to-fight-whole-muslim-world-not-concentrate-on-bin-laden.html

I think both men, Obama and Romney will pressure Japan heavily to join TPP.  Well, any American would.  But I think that Romney is the more dangerous man.  Those crazy Christian Republicans will have too much power over him.  With a Republican Presidency, I feel that there will be greater possibility of America starting dangerous wars to prove that America is still strong.

私の意見で、両方の人オバマ大統領でも、ロムニー候補者でもは、日本にTPPに参加するように強烈的な圧力をかけます。まあ、どんなアメリカ人でもそうします。しかし、ロムニー候補者の方が危険と思います。アメリカが共和党大統領に成ったら、自分の国はまだ強いと証拠する為に、危険な戦争を開始する可能性は強いです。

And that is why I support President Obama for a second term.  He has shown that he has common sense.

その理由で、オバマ大統領を2期目も支持します。常識を分かっている事を論証しています。