Tuesday, January 31, 2012

イスラエル、イラン戦争を応援している黒幕です。 Israel, the power behind the rush to war with Iran.

I am seeing the outline of a conspiracy. I do not like to discuss conspiracy theories in general, too often they go off into fantasy. But this time, events fit what I know.

だんだん、私は陰謀の形を見えています。基本的に、私は陰謀の話を嫌いですし、だいたい何か空想的な所へ行きます。しかし、今回の事件は、私の知識に合います。

Recently, Japanese Vice Foreign Minister Yamane visited Israeli Foreign Minister Lieberman in Jerusalem. He was attempting to explain Japan's position that time is needed to find other suppliers before cutting off Iranian oil.

最近、日本の山根隆治外務副大臣は、イスラエルへ訪問して、アヤロン副外相やリーベルマン外相と会談しました。山根隆治外務副大臣は、イラン産原油の購入を辞める前に、新しい石油源を探す時間が必要と説明する積もりでした。

http://www.asahi.com/international/update/0130/TKY201201300073.html
I doubt that Foreign Minister Lieberman will be impressed. He is an extreme hawk, there are people who consider him to be irresponsible. I am one of those people.

リーベルマン外相の印象付けられる事について、疑います。かれは強硬論者ですし、彼が無責任と考えている人は多いです。私もそう思います。

Why should a Japanese Vice Foreign Minister go to Israel, when America is demanding sanctions, that Japan cease to buy Iranian oil?

しかし、アメリカは日本にイランの制裁をかけ、イラン産原油の購入を止める事を要求しているのに、どうして日本の外務副大臣がイスラエルへ行きますか?

The truth is, Israel is behind the American war plans for Iran.

真実は、イスラエルはアメリカのイラン戦争計画の黒幕です。

There seem to be politicians in Israel who believe that a war with Iran will not be so bad. They think Iran's ability to retaliate is limited, and that Iran cannot close the Straight of Hormuz for an extended period of time.

イスラエルの政治家で、何人かの意見で、イランと戦争したら、その結果はあんまり大変ではない、そう言う政治家がいます。イランが仕返しする機能はたいした事がないと考えている、それと、イランがホルムズ海峡を長期間封鎖出来ないと信じています。

http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/israel-warns-time-is-running-out-before-it-launches-strike-on-iran-6295931.html

This is extremely foolish. The oil tanker lanes through the straight are very narrow. If a supertanker is sunk there, they will be closed permanently. In any case, Iran has many small boats that can carry missiles. The Straights of Hormuz are so narrow, anti ship missiles can be fired from the coasts.

これは、愚かな考えです。海峡の石油輸送船レーンはとても狭いです。もしその海峡で超大型タンカーが沈没したら、永遠に閉鎖に成るでしょう。ホルムズ海峡はそんなに狭くて、海岸からでも対艦ミサイルを撃つ事が可能です。

In any case, Iran is not waiting. The EU granted time to Spain, Greece and Italy to find alternate suppliers, they could wait until July 1st.

とにかく、イランは制裁を受ける為にそのまま待っていません。EU欧州連合は、スペイン、ギリシャとイタリアが別の石油源をみつけるまで、今年の7月1日まで時間を許しています。

Iran has now said that will cut those countries off now.

しかし、イランはその国々への原油輸出を今すぐ断ち切ります。

http://www.atimes.com/atimes/Middle_East/NA28Ak05.html
Those countries are already is serious economic distress, cutting off Iranian oil now will push them into turmoil. Which will pull the rest of Europe into turmoil, and then America and Japan.

その国々はもう大変な経済状態に入っていますし、今すぐイラン産原油を断ち切ると大混乱に成るでしょう。次に、残りのヨーロッパ諸国は混乱して、それでアメリカ、だんだん日本も困ります。

Things never go according to plan.

やはり、作戦は計画通りに成りません。


This whole mess started with American Republican Presidential candidates debated on who could be tougher with Iran. As I have often written in my blog, the present US Republican party is dominated by the Christian Fundamentalist movement.

現在の問題は、アメリカ共和党大統領候補者達の討論で、イランバッシングを競争しました。私はこのブログで、原理主義キリスト教の運動はアメリカの共和党を支配している事をよく書いています。

And to those people, Israel has a strong meaning. They see the existence of Israel as fulfilling Biblical prophecy. Their belief is that for Jesus to return to Earth, there must be a final great battle between good and evil at Armageddon, in northern Israel. Here good will prevail, all non Christians, including the Jews, will die, and Jesus will rule a 1,000 year Golden Kingdom on Earth.

その運動の人達に、イスラエルは深い、大切な意味が有ります。彼達の信念で、イスラエルの存在は、聖書の予言を実行しています。彼達の信念は、イエス様は地球に戻る為に、北イスラエルのアルマゲドンで善悪の戦が有ります。善は勝ちます、キリスト教信者以外の地球の人達、ユダヤ人を含めて、死んで地獄へ行きます。それで、イエス様は千年の黄金の王国を支配します。

American Christian Fundamentalists believe this is absolute truth from God. And until the battle of Armageddon, American Christian Fundamentalists will ferociously protect Israel and anything Israel does, because Israel's existence is necessary to fulfill the Biblical prophecy.

アメリカの原理主義キリスト教信者は、この事は神様からの絶対的真理と信じています。それで、そのアルマゲドン戦まで、アメリカ原理主義キリスト教信者は凶暴的なイスラエルとどんなひどい活動でもイスラエルを守ります。何故か、聖書の予言を実行する為に、その戦までイスラエルの存在は必要です。

Of course, Israeli politicians know these beliefs, and that Jews are required to die. Yet they also understand the strength of political Christian Fundamentalism in the United States.

勿論、イスラエルの政治家は、このユダヤ人は絶滅に成る必要の信念を分かっています。しかし、アメリカ合衆国の原理主義キリスト教運動の政治的な力も理解しています。

Israel has long regarded Iraq and Iran as it's primary enemies. Israel does not have the military power to attack Iran. It's aircraft do not have the range. The only thing Israel could do is launch a nuclear missile attack. And that would bring too much reprisal.

イスラエルは、昔からイラクとイランは基本的な敵国と考えています。イスラエルは、イランに攻撃出来る軍事力は有りません。イスラエル空軍の軍機は、その距離を飛べません。イスラエルの可能な攻撃は、核兵器ミサイルを撃つしか有りません。しかし、核兵器を使ったら、イスラエルに報復は有り過ぎです。

So Israel is happy to let America attack Iran. And American Republicans are happy to cooperate with Israel. It is a very cynical relationship, both sides using each other.

それで、アメリカがイランに攻撃したら、イスラエルは喜びます。それと、アメリカの共和党の政治家達は、イスラエルに喜んで協力します。とても皮肉的な関係ですし、両者はお互いに利用しています。

From what I can see, President Obama is doing his best to avert a war with Iran. He does seem to understand that it would be a disaster for the world economy. Just yesterday I saw this in the news:

私はニュースを読むと、オバマ大統領はイランとの戦争を止める事に努力しています。その戦争は、世界経済に災害に成ると理解しているみたいです。昨日、このニュースを読みました。

http://www.huffingtonpost.com/2012/01/29/iran-nuclear-inspection-united-nations_n_1240417.html

This is a face saving measure. The UN has long been conducting inspections in Iran, including permanent cameras in Iranian nuclear facilities.

これは、メンツを保つ妥協です。国連は長い間でイランで調査していますし、イランの原発発電所の中で常設のカメラも有ります。

But Democrats are traditionally looked upon as weak in Defense matters, the President is going to have a difficult problem in appearing to be strong and yet avoid war.

しかし、アメリカ民主党は伝統的に防衛問題で弱いと考えられています。オバマ大統領の問題は、戦争に成らない様な、でも、強い立場をとる事です。

Also, the President cannot publicly say anything against Israel. Israel has much power in America. AIPAC, their primary lobbying organization, is an example. Any American politician who says anything negative about Israel is very likely to lose his next election.

それと、オバマ大統領は、公の場で、イスラエルの批判が出来ません。イスラエルは、アメリカ国内で本当に力持ちです。イスラエルのメインロビー組織アメリカ・イスラエル公共問題委員会は、代表的です。どんなアメリカ政治家でもイスラエルについて批判したら、次の選挙で落選する可能性は高いです。

AIPAC also conducts espionage inside the United States,

アメリカ・イスラエル公共問題委員会も、アメリカ国内でスパイ活動を行なっています。

http://www.larouchepub.com/other/2005/3232aipac_indict.html
As I indicated in my last blog post, The CIA and even the Israeli Mossad have long reported that Iran is not making a bomb.

私はこの前のブログ投稿で、アメリカのCIAとイスラエルの諜報機関モサドは、長い間、イランが核兵器を開発していませんと報告しています。

In any case, sanctions have already failed. Russia, China, Turkey, and India will still buy Iranian oil.

とにかく、制裁は失敗です。ロシア、中国、トルコとインドはそれでもイラン産原油を購入します。

What should Japan do? I think we should be firm with America and tell them the truth. Iran is not doing any thing to warrant sanctions, and we will continue commercial relations. There is just too much crazy religious prejudice from the American Christian Right wing. This is not Japan's problem.

日本は、どうしたら良いですか?私の意見で、アメリカに強い立場をとり、真実を言うべきです。イランは制裁を当然とする核兵器開発をしていませんし、私達日本はそのままイランと交流します。アメリカの政治的なキリスト教右派から愚かな差別が有り過ぎです。これは、日本の問題では有りません。

As for Israel, to show our disapproval, I think the Japanese ambassador should be withdrawn until Israel can behave like a normal country.

イスラエルについて、私達の反対意見を見せる為に、イスラエルが普通の国の行動を出来るまで、日本大使を撤退させる方がいいと思います。


Friday, January 20, 2012

日本、アメリカとイラン戦争 Japan, America, and a possible Iran war

I have been watching this possible war with Iran unfold over the past few weeks. America, and Europe, are doing all they can to pressure Iran. In the American Presidential race, candidates are having a competition to see who can be the most aggressive to launch a war with Iran.

最近の数週間、アメリカのイランと戦争したい気持ちが盛り上がっている事を見ています。ヨーロッパとアメリカは一緒懸命にイランに圧力をかけています。アメリカ共和党大統領選挙の候補者達が、誰がイランに対して一番攻撃的な話が出来るかの競争をしています。

http://nationalinterest.org/commentary/why-not-attack-iran-6352
And in fact, the United States, Britain, and Israel have been conducting a covert war in Iran of assassination and sabotage since the Bush administration.

ブッシュ政権時代から、アメリカ、英国とイスラエルは、秘密の暗殺とサボタージュの戦争をイラン国内でしています。

http://www.huffingtonpost.com/2012/01/11/iran-nuclear-scientist-killed-united-states-israel-blamed_n_1198588.html

Yet the American CIA says that Iran is not making a nuclear weapon, International agencies detect no evidence of Iran making a nuclear weapon.

しかし、アメリカのCIAの報告で、イランは核兵器を作っていませんし、色々な国際機関はイランの核兵器を作っている証拠も見つけていません。

Most Americans refuse to believe this.

ほとんどのアメリカ人は、この件について信じる事を拒否しています。

And according to Professor Juan Cole of the University of Michigan, the true goal of the Obama administration is to force the collapse of the Iranian government, by imposing sanctions.

ミシガン州立大学のフアン・コール先生の意見で、オバマ政権の本当の目標は戦争ではなく、制裁をかけてイラン政府を崩壊したいと書いています。

http://www.juancole.com/2012/01/iran-hype-undermined-by-obama-administration-admissions.html

Whenever the US government has tried to force governmental change, it has nearly always failed.

アメリカ政府は他国の政府を壊す試みをして、ほとんど失敗しています。

America has maintained sanctions against Cuba since 1962, the idea is to force collapse, the Cuban government is still there.

1962年からアメリカはキューバ政府を崩壊するつもりで、キューバに対して完璧に貿易禁止の制裁をしています。結果は、キューバ政府は現在でも頑張っています。

But President Obama does seem to be trying to keep tensions from going into all out war. He has cancelled a scheduled joint US/Israeli military exercise.

しかし、オバマ大統領はこのイランに対しての緊張感は、戦争までしたくないみたいです。イスラエルと予定された戦争ゲームを中止しました。

http://www.juancole.com/2012/01/obama-warns-israel-against-iran-strike-cancels-joint-military-exercises.html
There is a lot of election year politics going on here, with the Republican Presidential candidates accusing President Obama of being weak against an enemy.

やはり、この問題の大きな原因は、アメリカの大統領選挙年の政治の事です。共和党の候補者達は、オバマ大統領が敵国(イラン)に弱いと非難しています。

As America declines, they will enter a dangerous phase. They will desire to show they are still strong, and they do this by military means.

アメリカは下落しながら、だんだん危険な段階に入ります。自分の国はまだ力が有ると世界に見せたい気持ちが有りますし、この力は軍事的な事です。

Americans are angry about not having won in Iraq. Or in Afghanistan. They say that they were not defeated.

アメリカ人はイラク戦争でもアフガン戦争でも勝っていない事について怒っています。アメリカ人は、”負けではない!”と言っています。

It is true that America's military forces were not destroyed. However, they accomplished nothing in 8 years of war in Iraq. In fact, they created an ally of Iran. Saddam's Iraq was an enemy of Iran, now Iraq under Maliki is an ally of Iran.

正直に言うと、アメリカの軍隊は破壊されていません。ですが、8年間のイラク戦争で何も出来ていませんでした。はっきりに言うと、現在のイラク政府はイランと同盟国に成っています。サダムの時代のイラクはイランの敵でしたが、現在のマリキ首相がイランと同盟しています。

If Iran is an enemy of America, this is a complete blunder.

もしイランはアメリカの敵でしたら、これは完璧な大失敗です。

http://www.guardian.co.uk/commentisfree/cifamerica/2011/oct/23/us-withdrawal-iraq-defeat-bush-neocons

To show their contempt of America, few Iraqi officials attended the withdrawal ceremony.

アメリカへの侮辱を見せる為に、イラクからアメリカ軍撤退儀式にイラク官僚はほとんど参加しませんでした。

http://atwar.blogs.nytimes.com/2011/12/15/a-withdrawal-ceremony-in-iraq-observed-by-few-iraqis/

So after being humiliated in Iraq, Americans are very anxious to find a new enemy, somewhere they can prove the strength of American military power.

イラクで屈辱を受けてから、アメリカ人は必死に新しい敵国を欲しく、自分達の軍力をみせる所を探しています。


There are two candidates now to be targets of American anger, Iran and China.

これから、アメリカが狙う国は二つ、イランと中国です。

America is recently making calculations that the United States could survive a closure of the straight of Hormuz. They believe that they can get enough oil from shale sources in the US, Canadian oil sands, undersea fields in the Gulf of Mexico and Brazil, and from the Alaskan arctic.

現在のアメリカ政府の計算で、アメリカはホルムズ海峡が閉鎖されても、アメリカの経済は問題がないでしょう。アメリカ国内のシェール油、カナダの砂油、メキシコ湾とブラジル沖の海底油田、それとアラスカの油田から充分な石油をとれると信じています。

They believe that these sources of oil will allow the US to challenge Iran and China.

この石油源で、イランと中国にチャレンジが出来ると考えています。

http://www.tomdispatch.com/post/175476/tomgram%3A_michael_klare%2C_a_new_cold_war_in_asia/#more
Well, what about Japan? If American action causes the straits of Hormuz to close, will they give us some oil? I doubt it, Americans really aren't thinking about Japan or Europe.

しかし、日本はどう成りますか?ホルムズ海峡が閉鎖されて、アメリカは日本に石油をくれますか?私はそう思いませんし、本当に日本とヨーロッパを考えていないでしょう。

In any case, all of these areas are very difficult to exploit. A few years ago, there was a disaster in the Gulf of Mexico when an undersea BP well exploded. Developing the Brazilian fields will be expensive. Developing the tar sands and shale fields in America are expensive, and destroy fresh water supplies in a country facing massive drought.

とにかく、この油田は全部石油を取り難い所です。数年前に、メキシコ湾でBP社の油井爆発後の原油流出災害が有りました。ブラジル沖の海底油田の開発はとてもお金がかかるでしょう。アメリカとカナダのシェール油、砂油の開発もお金がかかり、もう一つの問題は、これから深刻な干ばつに入る国に、そのシェール油、砂油は淡水源を壊します。

And in any case, it is not certain how much oil actually exists in those undersea fields.

それと、この海底油田にどの位の石油の量が有るのかはっきり分かっていません。

As usual, Americans are way too optimistic about their abilities, and the reality of the world. The only way to survive is to develop alternative energy, and to cut down on oil consumption.

いつものように、アメリカ人は自分達の能力と世界の現実に対して、楽観的過ぎています。これから生き残る道は一つだけです、代替エネルギーを開発して、石油の消費を減らします。

America refuses to try.

アメリカはこの事をする試みでも拒否しています。

Americans say that they have the military power to keep the straits of Hormuz open if Iran tries to close them.

もしイランがホルムズ海峡を閉鎖する試みをしたら、アメリカ人は軍事力でホルムズ海峡を守れると言っています。

I keep thinking of a war game in 2002, Millennium Challenge.

私はいつもこの2002年の戦争ゲーム”Millennium Challenge”を思い出します。

http://en.wikipedia.org/wiki/Millennium_Challenge_2002

This game was supposed to prove the usefulness of American military strategy. Instead, it was a disaster. In this game "Blue" (America) issued an ultimatum to "Red"(Iran). The next day of the game, small boats of the Red Navy sank 17 ships of the Blue Navy by shooting a massive amount of cruise missiles. 1 Blue aircraft carrier, 10 Blue cruisers and destroyers, and 5 out of 6 amphibious landing vessels were sunk. If it had been a real war, 20,000 US sailors and Marines would have died in a few hours.

この戦争ゲームの目標は、アメリカの軍事戦略の実用性を見せる為にしました。逆で、大災害でした。このゲームで、"Blue"(アメリカ)は"Red"(イラン)に最後通告をしました。そのゲームの次の日に、"Red"海軍の小さいボート艦隊は数多くの巡航ミサイルで、"Blue"海軍の17隻の軍艦を沈没させました。"Blue"の航空母艦1隻、巡洋艦と駆逐間10隻、6隻の水陸両用揚陸艦の中から5隻は沈没に成りました。本当の戦争でしたら、数時間で20,000人のアメリカ水兵と海兵隊は死にました。

The planners of the game the stopped it, changed the rules to fit the version of war that they wanted, and to show that America would win.

ゲームの計画者達はゲームを止めて、アメリカを勝つ様にルールを変えて、目標の結果が出る様にしました。

However, when the game actually started, it accurately reflected on the capability of the Iranian Navy. They possess the small boats and missiles that could destroy an American fleet in the strait of Hormuz.

しかし、ゲームが始まった時に、イラン海軍の能力を正確に見せました。イラン海軍で、その巡航ミサイル持ちの小さいボートがいっぱい有ります。ホルムズ海峡でどんなアメリカ艦隊でも沈没させる事が出来ます。

America refused to face reality in the game. Also, America refuses to face reality today in dealing with Iran, or China.

そのゲームで、アメリカは現実を見つめる事を拒否しています。それと、現在のアメリカは、中国とイランの交流で現実を見つめる事を拒否しています。

And again, Japan appears to be giving in to American pressure to stop buying oil from Iran. But America does not seem to care what damage will come to Japan.

現在、日本はイランから原油を購入する事を辞めるアメリカの外圧に負けているみたいです。しかし、この行動で、日本はどう言う傷に成るとアメリカは考えていないみたいです。

I will tell you the truth. If America starts a war with Iran, Japan will lose ALL Middle Eastern oil. America and Israel desperately want a war with Iran. They also believe in the fantasy that they can win it, despite losing almost every war since Korea.

真実を教えます。もしアメリカがイランと戦争を始めたら、日本がすべての中近東から輸入している石油を失います。アメリカとイスラエルの政府で数多くの人は必死にイランと戦争を始める事に努力しています。アメリカは朝鮮戦争からほとんどの行なった戦争を負けていても、そのアメリカ人とイスラエル人はイランとの戦争を勝つ事を信じています。

http://www.foreignaffairs.com/articles/136917/matthew-kroenig/time-to-attack-iran

But why must Japan always follow America's orders, even when those orders harm Japan? It is shameful.

しかし、どうして日本はいつもアメリカの命令通りの事、その命令で日本が困る事に成っても、こう言う事をするのですか?恥ずかしいです。

Russia and China will not follow American orders, they will buy Iranian oil and profit. The sanctions will fail.

ロシアと中国はアメリカの命令を従わないで、イランの原油を買って、豊かな社会を作ります。

Why must Japan suffer for American delusions?

どうして日本はアメリカの空想で苦しむ必要が有りますか?

Breaking news on this story. Israeli Intelligence. Mossad says there is no evidence that Iran is making a nuclear weapon. Israel Defense Minister Barak says there is no immediate Israeli plan to attack Iran.

この投稿の緊急情報です。イスラエル情報部機関、モサドはイランが核兵器を作っている証拠はないと宣言しています。イスラエル防衛大臣バラク氏はイランに攻撃する計画は有りませんと言っています。

Professor Juan Cole of the University of Michigan feels that President Obama has probably put behind the scenes pressure on the Israelis to calm things down. I agree.

ミシガン州立大学のフアン・コール先生の意見で、オバマ大統領は裏でイスラエルに外圧をかけています。私もそう思います。

http://www.juancole.com/2012/01/israel-no-iranian-nuclear-weapons-program-barak-any-decision-to-strike-iran-far-off.html


Monday, January 2, 2012

(日本にいる)外人は何ですか? What is a Gaijin?

下記の投稿は、私が2010年1月14日 に、Best of the Blogs で投稿しました。

http://www.bestoftheblogs.com/Home/24764

So what is a Gaijin? In Japanese it means foreigner. Japan is unique in many respects, the foreign experience for the last 40 years or so has also been quite unique.

外人は何ですか?日本語で、フォーリナーと言う意味です。色々な事で日本は独特な国ですし、最近の40年間日本在住外人の生活は特別でした。

America is a land of immigrants. And Americans, well in general we think of immigrants not really being successful until the second or third generation. The problems of langauge, and understanding a different culture are immense. And the older a person is, the more difficult it is.

アメリカは移民の国です。アメリカ人の考えで、移民の人達はだいたい二世、三世位まで成功に成らないと思っています。言語、別の文化の理解、こう言う問題は大変です。年長者には、もっと難しいです。

My own Grandfather came to America from Sweden. He was 20, and spoke no English. He landed in New York, but heard that there Swedes living in Chicago. So he made his way there and became a house painter. He worked hard and bought a nice house in rural Wisconsin. He married, and my mother was born, and the result of that was me.

私の祖父は、スウェーデンから海を渡ってアメリカへ行きました。20歳でしたし、英語を全然分かりませんでした。ニューヨークに上陸しましたが、シカゴにスウェーデン人がいると言う話を聞いて、シカゴまで行って、建物のペンキ屋に成りました。一緒懸命に働いて、ウィスコンシン州のいなかで一軒家を買いました。結婚して、私の母が生まれて、そのうち私は生まれました。

A pretty average American story. But when I came back to the US from my first posting in the Marine Corps in Japan, and I told my Grandfather that I would spend the rest of my life in Japan, he got angry. "What! They will treat you like idiots! You will never get a good job!".

普通のアメリカ物語です。しかし、私は米軍海兵隊で日本に行って、それからアメリカに戻って、祖父にこれから一生日本で生活する事を言ったら、祖父が怒りました。”何ですか!その国で馬鹿の様な扱いをされます!良い仕事を出来るわけがないです!”

From the average American experience, this is what a person would expect moving to another country.

アメリカでの移民経験を考えると、他の国に移民するには、これは当たり前と考えます。

But as I said, Japan is unique. A lot of this is due to history. Japan has always had a very vibrant cultural life. And when Commodore Perry's squadron forced Japan to end it's seclusion in 1854, Japan eagerly embraced Western technology and culture.

しかし、私が書いた様に、日本は独特です。大きな理由は、日本の歴史です。昔から、日本は活気な文化が有りました。1854年に、ペリー提督は強制的に日本の鎖国政策を辞めさせた時に、日本は熱心に西洋の文化と技術を勉強しました。

Until WWII, there were very few Westerners living in Japan. Mostly missionaries and a few businessmen. However, Japan's defeat in WWII was a shock. Japan is a proud country, with a long history. The truth is, Japan made excellent weapons, and Japanese were excellent soldiers. The only way that America won WWII in the Pacific is because America had more of everything.

第二次世界大戦まで、日本で生活している西洋人は本当に少なかったでした。ほとんど宣教師とビジネスマンでした。しかし、日本にとって敗戦に成ったのはとてもショックでした。日本は長い歴史の誇りが有る国です。真実は、日本は素晴しい武器を造りましたし、日本人は立派な兵士でした。アメリカは太平洋戦争での数で、武器でも兵士でも勝ちました。

But to Japanese people, they felt that Americans must possess some special inner spiritual quality that guaranteed victory in the war.

しかし、当時の日本人の気持ちで、アメリカ人は何か特別な精神的な特質で戦争を勝ちました。

As I have said, Japan has a long history with deep culture, and the treatment of the guest has always been a refined art.

私が書いた様に、日本の歴史は長くて、文化が深くて、それでお客様の扱いが芸術です。

Now combine this tradition of treating guests well with regrading Westerners as superior due to their military victory over Japan, we have the beginnings of our unique situation.

このお客様扱いの伝統と西洋人が日本に対しての戦争の勝利で、目上の人と考えて、この珍しい外人扱いの状態が始まります。

When I first arrived in Japan in 1974, there were still few foreigners living here. The average Western foreigner was either former American military, or a backpacker tourist. The tourists would come to Japan for a year or so, and make their money for their Asian trip. In those days, you could hear stories about the great Hashish to be had in Kabul, or riding a bus from Calcutta to Istanbul for $40.

私が初めて1974年に日本に来た時に、外人はまだ少なかった。当時の普通の外人は、元米兵、それともバックパッカーの観光者でした。その観光者は日本に一年間位来て、英語を教えて、アジア旅行の為にお金を稼ぎます。当時の英会話学校の先生のラウンジでの会話は、カブールで素晴しいハシーシュ(麻薬)を購入出来る、それともカルカッタからイスタンブールまで$40でバス旅行が出来る、そう言う会話が多かったでした。勿論、私は麻薬関係の外人との付き合いを拒否しました。

Japanese curiosity about foreigners and the West was insatiable. People would pay you money just to talk to you in English. So some people made a bundle of cash off the English business.

日本人の外人と西洋の事についての興味は貪欲的でした。英語で会話するだけで、人々はいいお金を払いました。これで、英会話で儲けた外人は沢山いました。

Since so many Japanese regarded Westerners as superior, many foreigners made a lot of money doing TV commercials. All beauty product commercials used to have White Western women, car commercials used to use Westerners exclusively.

当時の日本人は外人は目上と思ったので、テレビCMで儲けた外人も沢山いました。化粧品のCMは白人女性を使って、昔の車のCMが西洋人のみを出しました。

When I came here in 1974, it was still very difficult for most Japanese to travel outside Japan for financial reasons. Thusly, the intense interest in any Westerner in Japan.

私が初めて1974年に日本に来た時は、まだ経済的な理由で日本人の海外旅行は難しかったです。それで、日本在住の外人に強い関心が有りました。

By the 1980's, several Gaijin had written books that went something like "YOU can go to Japan and make a lot of money!". Then, we had a flood of people, who to put it mildly, were not exemplary representatives of their country.

1980年代までに、何人かの外人は本を書いて、”貴方でも日本へ行ったらすごいお金を儲ける事が出来る!”みたいなタイトルでした。それから、大波みたいな数の外人は日本に来て、はっきり言うと、彼達は自分の国に対してあまり素晴しい代表では有りませんでした。

You could take Mr. Nerd from Cornfield Village USA. At home, the major job position he could aspire to would be sub assistant manager at the local Wendy's. He would not be able to get a date to save his life.

例えば、アメリカ中部のトウモロコシ畑村の”間抜け君”の場合です。アメリカでは、近くのウェンディーズのハンバーガーレストランで、臨時アシスタントマネージャー位までしか上がらない。どう頑張っても、生まれ育ちの村で、デートは無理です。

Now this person arrives in Japan. On his first night in Tokyo, he meets a Japanese businessman who wants to practice English. He gets treated to a full course dinner, and is given $100 for Taxi fare, even though the trains are still running. He goes to a bar and meets a stunningly beautiful girl who wants to have sex with him so she can practice her English. In his first week, he lands a TV commercial and pulls in $6,000 for sitting around on the set.

それで、この人は日本に上陸します。最初の夕方に、英語を練習したい日本人ビジネスマンに会って、懐石料理をごちそうして貰って、電車がまだ走っていても、車代で¥10,000貰います。それからバーへ行って、とても美人な女性が、”私に枕で英語を教えて!”と言っています。最初の一週間で、テレビのCMを受けて、ちょっとだけ映って、ほとんどセットで座って出番まで待って、¥600,000を貰います。

Now this kind of thing goes to some people's heads. Many people began to actually believe that there were superstars. Charisma Man is a comic strip of the time that parodied this effect.

こう言うな事で、普通の人は自分がスーパースターと考えました。当時の外人が書いた漫画、 ”Charisma Man””カリスママン”が、この事をパロディーしました。

http://www.charismaman.com/



Frankly, for many years I have been disgusted by most foreigners. I have worked as a manager for a foreign casting agency. We would supply foreigners for TV shows, movies, and commercials.

正直に言うと、私はほとんどの外人の行動についてうんざりしています。外タレのキャスティング事務所でマネージャーとして働いた事が有ります。テレビCM、映画、テレビ番組に外人タレントを出しました。

Things like showing up on time, bringing the proper clothes they were told to bring, bathing, these things were too much for many people. Canceling jobs at the last minute, or not showing up at all.

時間通りに集合場所まで来る、言われた服装を持って来る、お風呂に入る、こう言う事は数多くの外人に難しかったです。ぎりぎりで仕事をキャンセルする事もよく有ったし、そのまま連絡無しで仕事へ来ない事も多かったでした。

My wife was very surprised one day on getting a call from an agent, that I should wear a suit for the next day's film job. And the agent defined a suit as a dark jacket and trousers of the same color, a white shirt, a conservative tie, black leather shoes, dark socks.

有る日、私の妻が有る事務所から電話を受けて、次の日の撮影の為にスーツを着て下さいと言われました。事務所がスーツを説明しました:ダーク色なジャケットとスラックス、白いシャツ、派手ではないネクタイ、黒い皮靴と黒のソックス。

Well, the person reading this might think "Well of course!". I remember one day on the set. My Gaijin was supposed to be a banker in conference with Japanese bankers. He showed up in a cream sport jacket, a plaid work shirt, jeans, running shoes, and the necktie was a Donald Duck necktie. There was a lot of screaming over that one.

読者の皆さんから、”当たり前”と思うかも知れません。有る日の現場を覚えています。シーンは、日本人銀行員と会議している外人銀行員でした。私の外人は現場に来て、服装はクリーム色のスポーツ・ジャケット、マドラスチェックのシャツ、白い運動靴、ネクタイはディズニーのドナルドダック模様でした。監督は本当に怒りました。

I also had a guy who boasted of not having changed his underwear for a year. His aroma filled a conference room for 300 people. He also boasted about not brushing his teeth for ten years. I won't go into that one.

有る時に、有る外人が1年間下着を着替えた事が無いと自慢していました。彼の匂いで、300人分の席の会議室が臭く成りました。彼は歯も10年間磨いた事が無いと自慢しました。ひどい一日でした。

And there was the guy who always took off his clothes. When it was time for him to film, I would announce "Mr. T could you put on your clothes. We are going to film!"

もう一人は、いつでも服を脱いだ人でした。撮影が始まる時間に、私は、”Tさん!時間です!服を着なさい!”と言う必要が有りました。

The fact is, most Gaijins came here and let themselves go to seed, and became arrogant. They expected special treatment as a matter of course.

真実は、ほとんどの日本に来る外人はメチャクチャに成ってから傲慢に成ります。特別扱いが当たり前と思っています。

Even the word Gaijin has become controversial among some Westerners. There are people out there who claim it is prejudicial. They say "Gaikokujin" is the proper word.

”外人”と言う言葉も、西洋人のなかで議論です。差別と言う外人もいます。外国人の方が正しいと言います。

Well, Gaijin is formed from two Chinese Characters, meaning outside person. Gaikokujin has three characters, meaning outside country person.

外人は二つの漢字、外の人と言う意味です。外国人は三つの漢字、外の国の人と言う意味です。

To tell the truth, their meaning is identical, neither has any special prejudicial meaning.

正直に言うと、意味は一緒で、どちらかは差別的な意味は有りません。

And I do get irritated when some idiot who has been here a year and a half lectures me about Japanese prejudices, and tells me I don't know what I am talking about.

それで、1年半位滞在している外人が私に日本人差別の事について論文的に話して、私が日本の事を分からないと言います。

I have only lived here for 37 years, and I write articles in Japanese. To such idiots, I don't know anything.

私はこの国に37年生活していて、ブログを日本語で書いています。こう言う間抜けの意見で、私は何も分かっていません。

And of course, these arrogant Gaijin never learned Japanese, they always got by in just English.

勿論、こう言う傲慢な外人は日本語を習わないし、英語しか出来ません。

But times have shifted. Years ago, Japanese people would be afraid to approach me in public because they would think their English skills were insufficient. Today people approach me on the street in Japanese.

しかし、時代は変わりました。昔、私が道を歩くと、普通の日本人は話しをしなかった、自分の英語は不十分と思ったから。現在、道で日本人は私に日本語で会話を始めます。

Japanese car and beauty product adverts use Japanese, no more Gaijin.

日本の車と化粧品のCMは外人ではなく、日本人を出しています。

Or if a commercial does want Gaijin, they fly the director and cameraman to LA, and use professional Americans.

もし、有るCMはどうしても外人を使いたい場合、監督とカメラマンはロサンゼルスへ行って、プロのアメリカ人を使いします。

And most young Japanese are simply indifferent to Gaijin, just another person, nobody special just for being born somewhere else.

現在の日本の若者にとって、外人はそんなに特別ではなく、別の国で生まれた事は特別では有りません。

And frankly, I find that very relaxing. I never liked speaking English after I came here anyway, I wanted to speak Japanese. I can't tell you how many sure thing dates I blew. Some gorgeous babe would hook up with me, things were going swimmingly, and she would coo to me "So when are you going back to America?"

それは、私にとてもリラックスです。日本へ来てからはっきりに言うと、英語を使う事がきらいでしたし、日本語の方を使いたかった。私は何回も”決まり”の様なデートを失敗しました。有る美人とデートして、だんだん気持ちは、”今晩は成功に成るぞ!”その彼女はセクシーな声で、”貴方はいつアメリカへ帰るの?”と聞きます。

My reply would be "Well I am going to change my passport to Japanese, and stay here forever. I will never go back to America"

私の返事は、”私は日本国籍に帰化して、一生日本に住みます。アメリカへ決して戻りません。”

Then she says "You Creep!" and stomps off. Well actually, the truth is that many of my girlfriends before I got married simply did not like Gaijin. But then I was always different. While most Gaijin were working English teaching jobs, I worked in Japanese corporations, or as a Japanese construction worker.

その彼女は、”貴方はひどい人!”と言って、それで去りました。真実は、私が結婚する前、ほとんどの私のガールフレンドは外人嫌いでした。しかし、私はいつも違う人でした。普通の外人は英会話で働いて、私は日本の企業と工事現場で働きました。

But I must say that there has been a sea change in the type of Gaijin coming here now. They have a genuine interest in Japan and Japanese culture. The anime boom in particular has attracted a lot of people. They study Japanese before coming here, and they don't have the arrogance of people 20 years ago.

それと、現在の日本に来る若い外人はとても変わりました。日本と日本文化に興味が有ります。特に、アニメブームでいっぱいの人が来ました。来る前から日本語を勉強していて、20年前の外人の傲慢をしていません。

And what about those arrogant Gaijins of 20 years ago, where are they today? Well there is a process I call "Economic Darwinism" which means that in tough economic times, the idiot shall not be employed. These days, there simply is not any use for a Gaijin who cannot speak Japanese. Unless they have carved out some special situation, they disappear. I suppose they have gone back to Cornfield Village USA to see if that position at Wendy's is still open.

それと、その20年前の傲慢外人はどう成っていますか?私は、”ダーウィン主義経済”と言う言葉を作りました。この意味は、厳しい経済の時にばかな人は仕事を出来ません。現在の日本で、日本語を出来ない外人に役は有りません。特別な状態をつくらない場合に、その人は消えます。もしかしたらそのトウモロコシ畑村へ戻って、そのウェンディーズの仕事はまだ有るかどうか確認へ行ったかも知れません。