Thursday, November 13, 2008

田母神前空幕長の論文について Concerning the essay written by former General Tamogami

Recently, there has been some controversy about the comments of Tamogami Toshio, former commander of the Japanese Air Self Defense Force. As a WWII historian, perhaps I can clear a few things up.

最近、田母神俊雄氏、航空自衛隊前幕僚長、の論文についてマスコミで論争に成っています。私は第二次世界大戦の歴史を深く勉強しているので、ちょっとお話ししたいと思います。

In a large part, he is right about some of the points in his essay. I was born in America, and if a discussion about WWII arises, many Americans automatically assume Japan was a totally bad nation, and America was totally good.

論文の有る部分で、田母神氏は正しいです。私はアメリカで生まれて、アメリカ人同士で第二次世界大戦の話が始まりましたら、いつもアメリカ人は日本がすべて悪い、アメリカはすべて正しい、と言います。

The truth is much more complex. I have read Mr. Tamogami’s essay in English. He describes relations between Japanese and local people in the prewar Japanese Empire as good. Well one thing we should remember, it was a hierarchal Empire, and Japanese citizens were on the top.

真実はもっと複雑です。私は田母神氏の論文を英語で読みました。彼の論文で、戦前の日本帝国の中で、日本人と他の民族、例えば朝鮮人はよかったと書いています。まず、その当時、日本帝国の社会は階層的な社会でした。それで、日本人は上でした。

However, I have never read of any serious guerilla resistance to Japan in Taiwan. In Korea, anti Japanese guerillas were a handful, and only in the most remote regions. In the far mountains of Manchuria, there were bandits, but throughout history there always have been bandits, they were not necessarily fighting the Japanese backed government.

しかし、私は台湾で日本帝国反対のゲリラの書いた戦いの書物を読んだ事が有りません。朝鮮に日本反対ゲリラは居ましたけれど、数はすごく少ないでした。満州で山賊は居ましたが、大昔からそうでした。

So while we can say that while Japan was an Imperial government, and let us assume that all were not totally equal, people did not rise up in revolt. Here is a difference between Japan’s acquisition of Korea, Manchuria, and Taiwan, and the American acquisition of the Philippines.

それで、日本はその時帝国でしたが、その帝国中の生活が完璧平等ではなかったと考えても、日本帝国政府に革命が有りませんでした。ここで、アメリカはフィリピン植民地獲得と日本の朝鮮、満州と台湾の獲得と違う事が有ります。

After America defeated Spain in the war of 1898, Spain gave the Philippines to America as a prize. The people of the Philippines believed they could be independent, and fought against America. Something between 200,000 to 1,500,000 Philippine people died in ten years of war.

1898年、米西戦スペインがフィリピン列島をアメリカに譲りました。フィリピン人は独立国に成れると信じて、アメリカと戦いました。
10年ぐらいの戦争で、200,000から1,500,000のフィリピン人が死にました。

At the time of the Russian Japanese war; American President Theodore Roosevelt did not mind Japan taking Manchuria and Korea. He felt that such a Japanese Empire did not conflict with American interests. In fact, he helped Japan and Russia negotiate a peace treaty.

日露戦争で、アメリカのセオドアルーズベルト大統領は日本が満州と朝鮮を獲得する事を気にしませんでした。その日本帝国は、アメリカ利害に当たらないと言う気持ちが有りました。実際、彼は日本とロシア平和条約の交渉窓口でした。

Also, we must admit that at the time of the Second World War, American was not at all an equal society. At the top were White North European Protestants. White Catholics from southern and Eastern Europe were below them. Next were the Asian Americans. Below them were Black people. And at the very bottom were American Indians. Only in the present election have we been able to elect as President a man who is not completely White.

それと、第二次世界大戦の時に、アメリカは平等社会ではなかったと認めなければなりません。上部は、プロテスタントヨーロッパ系白人でした。その下は東南ヨーロッパ系カトリック白人でした。次の下はアジア系、その下は黒人でした。一番下はアメリカンインディアンでした。やっと最近の大統領選挙で完璧白人ではない人が勝ちました。

Yet something like 40 years after the Russian Japanese war, under the second American President named Roosevelt, FDR, Japan and America came to war. What happened?

しかし、何と日露戦争40年後ぐらい、アメリカ2番目のルーズベルト大統領政権の時に、アメリカと日本は戦争状態に入りました。これはどうしてですか?

In my opinion, both countries collided over their dream of China. Japan gradually moved to take over parts of China, and then launched an invasion in 1937. America hoped to dominate China by commercial means. And America did have small Marine and Naval units based in China.

私の意見は、両国がお互いの中国に対しての夢でぶつかりました。日本はだんだん中国の土地を取得して、1937年に完全に侵略しました。アメリカは商売で中国を支配する夢が有りました。それと、当時、アメリカ海軍/海兵隊の小さい部隊/艦隊も居ました。

For Japan, I think the primary motivation to advance into China was to take it before America or some European power dominated China. Besides America, both Britain and France had interests in China, and Britain maintained a colony in Hong Kong. With troops based there. If we look at a map of the Pacific at the time, Japan is surrounded by the colonies of America, Britain, France, and Holland. China was dominated in part by Japan, America, France and Britain. (On the part of America, the domination was more in the form of a commercial zone rather than outright territorial control)

私の意見で、日本の基本的中国に侵略の理由は、他のヨーロッパの国々が中国取得前、日本の安全の為に中国を取ります。アメリカ以外、英国とフランスは中国に利害が有りました。 香港は英国植民地と軍基地でした。その当時の太平洋の地図を見ると、日本はアメリカ、英国、フランス、とオランダの植民地で取り囲まれていました。 中国は、部分に日本、フランス、英国とアメリカに支配されていました。(アメリカ支配は基本的に土地を取らず、商売的でした。)

For America, there was an idea that China could become a Christian country under American influence. America sent many Christian missionaries to both Japan and China. In China, the missionaries had great success, many Chinese converted to Christianity. One very important convert was T. V. Soong; he helped to get America to back China. He eventually became Foreign Minister to Chiang Kai Shek. The Chinese were also very good at self promotion with average American people. In 1913, the new Chinese government asked American Christians to pray for it’s success. This greatly impressed American President Wilson. Such efforts helped convince Americans that China could become a Christian nation.

アメリカの場合、一つの考えは中国がアメリカの影響を受けているキリスト教国に成る事でした。アメリカが中国と日本両国に数多くの宣教師を出しました。中国では、その宣教師達は大成功に成りました。数多くの中国人をキリスト教に変えました。一人の大切なキリスト教コンバートはT.V.Soong (宋子文)、彼は中国の為にアメリカの政治、軍事的な手伝いを引っぱる事について大きく役に立ちました。蒋介石の外務大臣に成りました。中国人は自分の国を宣伝する事が上手かった。1913年、新中国政府は、アメリカのキリスト教信者に成功のお祈りを願いました。当時のアメリカのウィルソン大統領は、これでとてもいい印象に成りました。こう言う活動で、だんだんアメリカ人は中国がキリスト教国に成れると信じました。

Very few Japanese converted to Christianity. The pro Chinese missionaries gained influence with the US government, while missionaries who had been in Japan could not get such influence.

日本の場合、キリスト教に変えた日本人の数はとても少なかったでした。だんだん、中国向きのアメリカ宣教師は、ルーズベルト政権に影響を与えました。その日本向きの宣教師は、アメリカ政府に影響を出来ませんでした。

At this time, being a Christian was equated with being civilized. This was the beginning of the American concept that Japan was not a civilized nation, while China was. America began to take a more pro China stance.

この時代に、西洋の国々の考えで、キリスト教になる事は文明のしるしでした。この時から、アメリカ人はだんだん日本が文明の国では有りません、中国は文明国に成る可能性が有るという考えが始まりました。アメリカは中国向きの政策を始めました。

And the American Christian missionaries in China wrote books about how awful Japanese troops were in China. This became strong anti Japanese propaganda in America. It was a war, and the truth is that Japanese troops did bad things. This true for all wars, including the wars America fights. But it is also true that the Kuomintang troops treated their own people just as badly. The only armed force in China that treated the average Chinese with any respect was the Communist army. Which is why the Communists won in China after WWII.

それと、中国に居るアメリカ宣教師は日本軍が中国人にひどい事をやっているという本も書きました。この本は、アメリカ人の為に強い日本反対宣伝に成りました。真実は、苦しい戦争でしたが、日本軍が中国でいっぱい悪い事をしました。どんな戦争も苦しいです、アメリカ兵もよく戦場で悪い事をします。戦争は最悪です。中国国民党軍も、中国の普通人にいっぱい悪い事をしました。普通の中国人に正義と尊敬をしましたのは、毛沢東共産赤軍だけでした。その理由の為に、第二次世界大戦後、中国共産党が国民党に内乱で勝ちました。

So I think President Roosevelt believed that he had to save China in WWII. Also, he was very afraid of Britain’s collapse in fighting Germany. Many powerful Americans at the time felt that if Britain surrendered to Germany, Canada would become Nazi, and the British fleet would be controlled by Germany. They believed America would be in danger from Germany.

私の考えは、第二次世界大戦でアメリカルーズベルト大統領が中国を救う必要が有ったと信じていました。それと、ヨーロッパで、英国とドイツ戦で、英国は負ける可能性が高いと心配していました。当時の力が有ったアメリカ人の考えで、もし英国がナチスドイツに降伏をしましたら、カナダもナチスドイツの土地に成るし、英国艦隊もナチスドイツの艦隊に成る心配が有りました。これはアメリカの為にとても危険な状態です。アメリカの心配で、ドイツは一番危険でした。

Yet the majority of the American people at the time did not want to get involved in Europe’s war. So the administration of President Franklin Roosevelt made a decision to provoke Japan into attacking America. Since Germany and Japan were allies, war with Germany would be automatic. Numerous provocations were made, such as sending US warships into Japanese territorial waters. On July 31, 1941, two US cruisers came very close to the Japanese Naval base at Sukumo in Shikoku. Other US warships made provocative cruises into Japanese controlled waters in the Central Pacific. The plan was if Japanese warships fired on the intruding US ships, it would start war. Japan did not respond, so this plan failed to start war.

当時、ほとんどのアメリカ人は、ヨーロッパ戦争に参加する事を反対でした。ルーズベルト大統領政権は、日本に戦争を始める様に刺激する事を解決としました。日本とドイツは同盟国で、もし日本と戦争を始めたら、自動的にドイツと戦争に成ります。アメリカは色々な事件を始めました。例えば、日本領海にアメリカ軍艦を侵入させました。1941年7月31日に、アメリカ巡洋艦2隻は、四国に有った日本帝国海軍宿毛基地の近くに来ました。他のアメリカ巡洋艦は、中央太平洋日本領海に侵入しました。この計画は、もし日本とアメリカの軍艦は戦いを始めたら、総合戦争に成ります。日本は反動しませんでしたから、戦争を出来ませんでした。

The final step was for America to declare an oil embargo against Japan. Without oil, a modern economy and military cannot function. Japan would have been helpless. And yes, I believe at the time America would have made Japan into a colony, if the Japanese economy and military had collapsed because of lack of oil.

最後の計画は、世界の国々を日本と石油通商禁止させる事をしました。石油が無いと、現在の国の経済と軍隊が活動出来ません。日本は滅びるはずでした。私はその当時、日本経済と軍隊が滅びましたら、アメリカが日本を植民地としていたと思います。

So Japan decided to move south into the British and Dutch colonies. The American colony of the Philippines with its American military bases was directly in the line of communication to these southern islands, so war with America then happened.

その理由で、日本が南太平洋の英国とオランダの植民地に侵略しました。この南太平洋の島々と日本の連略線に、アメリカ軍基地が有ったフィリピンの植民地が有りました。これは、日本立場からアメリカと戦争する必要が有りました。

In 1941, only a few Japanese had been to America or spoke English. Even fewer Americans had been to Japan or spoke Japanese. Both countries were a mystery to each other. So it was easy for people on both sides to become emotional, to misunderstand what the other country was doing.

1941年で、アメリカへ旅した事が有るか、英語を出来る日本人の数が本当に少なかったです。日本へ旅した事が有るアメリカ人、それとも日本語を出来るアメリカ人、その数はもっと少なかったでした。両国は、お互いに謎でした。この理由の為に、両国の人が感情的に成って、お互いの国を理解しませんでした。

Both countries had a mistaken dream that we could control China. In the end, it is the Chinese that control China. I hope we have both, Japan and America, learned a lesson.

両方の国(アメリカと日本)は、中国を支配出来るという間違いの夢を持っていました。現在、中国人は中国を支配しています。私の望みは、両方の国(日本とアメリカ)が、この戦争で勉強に成りましたと言う事でしょう。

Well Japan has. Since 1945, Japan has not fought a war. The same cannot be said of America. The present Iraq war is particularly shameful. There was absolutely no reason for America to invade Iraq. My estimate of Iraqi dead is at least one million. America is directly responsible for one third of that, the others died in a civil war that was caused by America’s invasion.

日本は勉強に成りました。1945年以来、日本は戦争していません。アメリカは、同じ事を話し出来ません。現在のイラク戦争は、特に恥ずかしい戦争です。アメリカがイラクに侵略する理由は一つも有りませんでした。私の考えで、2008年までに、イラクで百万以上のイラク人が死んでいます。アメリカは、直接にその合計1/3ぐらい殺しています。残りは、イラク内乱で死んでいます。勿論、内乱の原因はアメリカ侵略です。

The Bush administration would admit to 30,000, but they stopped talking about dead Iraqi’s some time ago. They don’t want to think about it.

数年前に、ブッシュ政権は、30,000ぐらいイラク人を殺した、と認めました。最近、その事を話しません。

There is something in the American character that seeks to control other nations and people by military force. If the other people do not agree, we attack. We have had this type of leader in power in America for 8 years.

アメリカ人の性格の有る部分は、他国と他民族を軍力で支配したい気持ちが有ります。もし他国はアメリカの有利な立場を受けないと、我々が攻撃します。最近の8年間、アメリカはこのタイプのリーダーが居ました。

Yet there is another part to the American character. There is a belief that every human being deserves an equal chance, to do the best they can in their life. No matter what race they may be, no matter how rich or poor. I believe that in the recent election, America has elected a man who represents this good side of America. I will support President Obama with all my power.

しかし、アメリカ人の性格に、もう一つの部分が有りました。アメリカ人の考えで、どんな人でも人生で平等なチャンスは当然と思っています。どんな民族で生まれてでも、金持ちか貧乏生まれてでも、平等なチャンスは当然です。私は、最近アメリカの選挙で、このアメリカのいい性格の代表的なアメリカ人が大統領に成ったと信じています。私はオバマ大統領を全力支持します。

Mr. Tamogami seems to feel that American culture dominates Japan. Well, it is true that many Japanese do love American music and Mickey Mouse. But it is also true that Americans are crazy about Pokemon. And Japanese Anime and Manga.

何か、田母神氏はアメリカ文化が日本を支配している気持ちをもっているでしょう。数多くの日本人は、アメリカ音楽とミッキーマウスを愛している事は確かです。しかし、数多くのアメリカ人は、ポケモンに夢中です。アニメと漫画は、アメリカでとても人気です。

Japan has built many factories in the US, and I will be honest here, I think Japanese managers do better at getting Americans to work hard than American managers do.

日本もアメリカ国内でいっぱいの工場を造っています。私の考えで、アメリカ人経営者より日本人経営者の方が、アメリカ労働者を働かすのが上手です。

In my writing here, I have tried to show that Mr. Tamogami does have some points in his essay. However, I think that the biggest problem with his statements is that he made them while still in uniform. Recently, we have had many American generals who disagreed with President Bush’s polices. However, they waited until they were out of uniform, until they retired, before making criticism of the Bush administration.

この論文で、私は田母神氏が彼の論文で有る所を正しいと見せたいです。しかし、一番の問題は、航空自衛隊の仕事をやりながら、その意見を書きました。最近、アメリカブッシュ政権の政策反対のアメリカ将軍も、多いでした。その政策に対する批評は引退するまで待っていました。

Our two countries have had relations since 1854. We did have a bad period that resulted in a terrible horrible war. But in the 63 years since that war ended, we have been best friends. It is my hope to continue this friendship.

私達両国は、1854年から交流が有ります。確かに、一時的にひどい、恐ろしい戦争が有りました。しかし、その終戦から63年で両国が深い友好な縁を作っています。私は、この深い友好な縁が続く事を望んでいます。


Sources.

For the attitude of President Wilson concerning Christianity in China;

アメリカウィルソン大統領と中国のキリスト教について;

America encounters Japan

William L. Neuman

The Johns Hopkins Press Baltimore 1963

(pages 138 to 141)

For information about American warship intrusions into Japanese waters before the Pearl Harbor attack;

真珠湾攻撃前アメリカ軍艦日本領海侵入について;
Day of Deceit,
The truth about FDR and Pearl Harbor

Robert B. Stinnett

Touchstone 2000

(pages 9 to 10)

For casualties in Iraq, I used the figure provided the Lancet survey of 2006. In 2006, this magazine estimated 655,000 deaths caused by the war. I have made my own estimate since then to believe that the total has passed one million.

英国雑誌”The Lancet” 2006年調査は、戦争の関係で655,000イラク人は死んでいますと結果しました。自分の考えでその数は百万人を超えていると思います。



Thursday, November 6, 2008

What now for America? アメリカ、これからどう成るでしょう?

Yesterday, history was made in America. Even ten years ago, it is doubtful that a man with a Black father and a White mother could have been elected President. Yet it has happened. The extreme Right in American politics, who have brought so much disaster to the world, are out the door.

昨日、アメリカで歴史的な選挙が有りました。十年前でも、黒人お父さん、白人お母さんの人は大統領に成る事は不可能でした。しかし、そう成りました。世界に数多くの災難をおこした責任が有るアメリカ政治の極右派運動は、選挙を負けました。

From now on, these rightists, Neocons and Christian Fundamentalists, will be dogging the actions of the Obama administration every step of the way. They will seek to confuse and destroy. Last night was a Great Victory. We should all rightly be happy and proud. Yet the battle for America is not over. We have an expensive and bloated military, chock full of weapon systems we don’t need. We have a creaking domestic infrastructure. We have a triple storm of Climate Change, Peak Oil, and Financial Collapse staring us in the face.

これから、この極右派、新保守主義者(ネオコン)と基本主義キリスト教信者は、オバマ政権の活動を邪魔するでしょう。オバマ政権の政策について、滅びるように動力しますし、アメリカ国民にオバマ大統領活動を混乱するようにします。しかし、昨日はアメリカの為に、そして世界の皆様の為に大勝利でした。私達は喜んで、誇りを持つべきです。しかし、アメリカを救う戦いはまだ終わりでは有りません。現在、アメリカの軍隊は高過ぎ、大き過ぎで、必要ない武器も有り過ぎです。アメリカ国内のインフラは老衰です。今すぐに、アメリカは三つの大問題があり、それは、温暖化、石油の供給を減らし、と金融が滅びています。


It was not a Democratic administration that decided to pretend that Climate Change does not exist. It was not a Democratic administration that tried to solve the problem of disappearing oil supplies by invading the oil producing countries of the Middle East. It was not a Democratic administration that decided to let Financial Institutions regulate themselves.

地球温暖化がないふりをする事は、アメリカ民主党政権ではありませんでした。世界の石油の供給を減らす問題を、中近東の石油が有る国に侵略する事で解決を考えたのは、アメリカ民主党政権ではなかったです。アメリカの金融会社を自分達で管理する事にさせたのは、アメリカ民主党ではなかったです。

It was George Bush, the figurehead for the Neocons who thought that America should rule the world by fire and sword. Well Climate Change is here. In the United States, hurricanes are becoming stronger and stronger. Every year brings more terrible floods in the American Mid West. Drought has taken hold in the Southeast and Southwest. Our armies have invaded two countries in the Middle East, and the result is horrible farce. We have killed hundreds of thousands of people. And we did not get the oil. And by letting the firms on Wall Street regulate themselves, they simply indulged themselves in an orgy of excessive greed that still threatens to destroy America.

この問題を作った人はジョージブッシュ大統領でした。アメリカは、世界支配を火と刀でするべき哲学を持っている新保守主義者の前立てでした。しかし、温暖化の影響は今有ります。アメリカでは、毎年ハリケーンはだんだん強く成っています。毎年アメリカの中部地区の洪水はもっとひどく成っています。干ばつはアメリカの東南地区と南西地区でだんだんひどくなっています。アメリカの軍隊は、二つの中近東国に侵略しましたし、結果は恐ろしい悪ふざけです。中近東で、アメリカ軍は何十万の人を殺しました。それと、その石油を支配出来ていません。アメリカのウォール街の金融会社の管理は政府の官僚ではなくそれぞれの会社に任して、結果はその会社は強欲過ぎで、金融的にアメリカが滅びる危機は今でも有ります。

Ladies and Gentlemen, what begins now is not simply the Battle for America; it is the Battle to Save the Planet. Some people might say, “Hey Max, you live in Japan, why should you care what happens in America?” Well in Japan we have an expression: “When America sneezes, Japan catches a cold.” Japanese people understand the interdependence of the Japanese/American relationship very well.
Whatever happens now in America will have a deep impact on all nations and peoples, across the globe.

皆さん、これからはアメリカを救う戦いだけではなく、地球を救う戦いです。もしかしたら、どこかの人の考えで、私は日本に住んでいるから、“どうしてアメリカの事を気にしますか?”と言うかも知れません。昔から、日本人の考えで、“アメリカがくしゃみをしましたら、日本が風邪をひきます。”日本人は、アメリカと日本両国が深い縁で結んでいる事はよく分かっています。アメリカの活動は、世界の国々に深い影響が有るでしょう。

These problems of Climate Change, Oil Supply Depletion, and Financial Collapse are not exclusive to America. They are affecting every country in the world. And America has not been paying attention.

温暖化、石油供給減らし、金融危機、はただアメリカの問題ではありません。世界のどんな国でも影響があります。それと、今までにアメリカはこの問題について注目は不十分です。

Yet now with Barack Obama as the President Elect of the United States, we have a chance, we have hope. But let us all remember, the coming Battle for America is really the Battle to save the World. If we fail, the prospects for the planet are dire, it is doubtful that any nation can serve as a refuge.

しかし、これからバラックオバマ氏は、アメリカ合衆国の時期大統領に成ります。世界を救うチャンスは有ります、私達は望みも有ります。しかし、私達は、この地球を救う戦いはアメリカの為だけではなく、世界の為です。失敗しましたら、世界のどこの国でも安全な場所に成りません。

So we must not fail.

それで、必ず成功をしなければ成りません。