Friday, January 12, 2018

ローガン・ポール、日本に来た不快なアメリカ人 Logan Paul, an obnoxious American in Japan


Recently, A young American youtuber named Logan Paul has made the news.  His actions in filming a body in the Aokigahara forest, which is know as a place where many disturbed commit suicide earned him notoriety.

最近、若いローガン・ポールと言うユーチューバーが、日本のネット・ニュースで目立っています。青木ヶ原樹海で人がよく自殺を行う所で、人の遺体を撮影した行動でネットで悪名を得ました。

But his entire trip in Japan was one of nasty egoism.

しかし、彼の日本での観光の活動はすべて利己主義でした。

http://www.eonline.com/news/904025/logan-paul-s-whole-trip-to-japan-was-pretty-disrespectful

In this video below, he talks about respect.  From the way he talks, to me a native speaker of American English, it is obvious that some person has told him to be respectful in Japan.

下記のビデオで、「尊敬」の事を話しています。彼の話し方で、私は米語のネイティブなので、誰かが彼に日本で尊敬する必要が有ると説明した事が明らかです。

Yet his tone of speech, “Japan is all about the respect” and his hand gestures are extremely rude.  Right there, he is telling us he has no intention of respecting anything, and he is mocking Japan.

しかし、彼の喋りの調子で、「日本では尊敬は大切です。」と彼の手のジェスチャーはとても失礼です。それで、彼が日本に何も尊敬するつもりがなく、日本をあざ笑う事を伝えています。

http://www.worldstarhiphop.com/videos/video.php?v=wshhPP592t2aJL9gvPHq

But such behavior is quite common among Americans, particularly the young.  Some 20 years ago, I used to work for a talent agency in Japan that supplied foreigners for television and films.  Well over half the Americans were very similar to this Logan Paul person.

しかし、こう言う態度はアメリカ人によく有り、特に、若い人がしています。20年前に、私は外国人タレント事務所で働きました。テレビ、映画などに外国人を出しました。半分以上のアメリカ人は、このローガン・ポールと言う人と同じ態度をとりました。

In the 2016 Presidential election, on world wide television, we saw many examples of such awful spoiled Americans.

2016年の大統領選挙の時に、世界のテレビで、このひどいわがままなアメリカ人の実例をいっぱい見ました。


When Donald Trump won the Presidency, there were massive demonstrations.

ドナルド・トランプ氏が当選した時に、巨大なデモが有りました。


People burned American flags.

アメリカ国旗を燃やした人がいました。


In April of 2017 there were massive riots in Berkeley California, when a Right wing speaker came to speak.

2017年カリフォルニア州バークレー市で、右派の評論家がスピーチの為に来て、巨大な暴動が有りました。

These Americans are behaving in the same way as Logan Paul did in Japan.  They expect total satisfaction, that they can do whatever they wish in life, their every wish and demand will be granted.

このアメリカ人は、日本に来たローガン・ポールと同じ態度を行っています。自分の生活で完璧の満足が当たり前と思っていて、自分の人生で無責任で好きな事をするが当たり前で、自分のどんな希望と要求が叶う事を当然と考えています。

The thing is, when losing an election, mature adults understand that this is part of life.  Also, mature adults understand that when visiting other countries, one should not behave like a hooligan.

やはり、選挙で自分の希望の人が落選する時に、大人が人生でそう言う事が有ると理解しています。それと、大人が他国へ訪問する時に、暴れる若者のような態度はよくないと分かっています。

Why are so many Americans so obnoxious?  Well this is what they have been taught.  In doing research for my latest book, “2nd Civil War, The Battle for America”, I studied American education.  What I discovered was absolutely horrible.

何故数多くのアメリカ人がこんなに不快ですか?まあ、こう言う教育を受けています。私の最近の本、「アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊」を研究した時に、アメリカの教育状態を勉強しました。その習った事がとてもひどいです。



https://www.amazon.co.jp/dp/4802400411?tag=hobbes22-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4802400411&adid=1EBZ6ZCVWAZMFDR8P7D7&

Basically what schools now teach is social justice awareness and self esteem.  With self esteem, they teach that the student is wonderful just as they are born, they don’t have to make any effort to improve.  This is very Left wing type thinking, the  American Left has ruined American education and American youth.

基本的に、現在のアメリカの学校が教えている事が、社会正義の認識と自負心です。自負心で学校が学生に生まれたままで人が素晴らしい、上達する努力をする必要が有りません。これがとても左派の考え方で、左派がアメリカの教育と若者を崩壊させました。

https://www.1843magazine.com/dispatches/the-daily/american-children-are-drowning-in-selfesteem

https://cei.org/blog/teaching-self-esteem-undermines-students-academic-achievement

With social justice, they teach that the culture they were born in is entirely wrong, and should be destroyed.

社会正義で、自分の生まれた文化、社会は完璧に悪で、崩壊するべきと教えます。

What they do not teach are mathematics, history, language, or science.

教えない事は、数学、歴史、言語、科学です。

Here are some comments from American teachers about mathematics.

下記は、数学についてのアメリカ人先生のコメントです。

Professor Andrew Hacker of Queens College in New York says Algebra is too hard and should be dropped.

ニューヨーク市立大学クイーンズ校のアンドリュー・ハッカー教授が代数学が難し過ぎで、学校でその代数学を教える事を辞めるべきと言っています。

http://www.breitbart.com/big-government/2016/03/28/ny-professor-says-algebra-is-too-hard-schools-should-drop-it/

Professor Rochelle Gutierrez at the University of Illinois says teaching mathematics reinforces “White Privilege” since it was developed by White Europeans.

 イリノイ大学教授ロシェル・グティエレス先生の話で、数学を教えると「白人特権」を強くする、何故かヨーロッパの白人が数学を開発しました。

http://www.independent.co.uk/news/world/americas/teaching-maths-white-privilege-illinois-university-professor-rochelle-gutierrez-a8018521.html

A professor at Brooklyn College, Laurie Rubel, says that meritocracy is a tool of “Whiteness”, meaning dominance of other races by Whites.

ブルックリン大学のローリー・ルベル先生が、実力者層は白人主義者の陰謀、それで白人が他の民族を支配しています。

http://www.breitbart.com/tech/2018/01/09/brooklyn-college-professors-claims-meritocracy-is-a-tool-of-whiteness/

What it means that requiring students to study hard to pass tests and gain knowledge promotes discrimination and inequality.  People should be awarded just for being born.

この意味は、学生に試験を合格する為に、一所懸命勉強する事が必要で、それで知識を増え、この活動が社会で差別と不平等を進めます。人は生まれただけで、賞与を受けるべきです。

This is the kind of philosophy behind participation trophies.  These are awards given out for showing up at school academic or sports event.  Just for being there, not for winning anything.

この哲学で参加賞品が出来ました。この賞品は、学校の学業に、それともスポーツイベントに参加するだけで受け取れる、何も勝っていません。

Leftists educators in America feel that this reinforces the self esteem of students.  They think that a loss would devastate them.

左派の教育者が、こう言う事で学生の自負心を強くすると思っています。その教育者の考えで、学生が失敗とか負けが有れば、困惑します。

Well, this is why we have people who cannot cope with their favored candidate losing a political election.  In America today, the political Left wants to totally destroy the Right, or any other person with opinions they do not like.

これで、選挙で好きな候補者が落選すると、うまく対処する事を出来ない人が出ます。現在のアメリカで、左派は、右派それとも嫌いな意見を完璧に消したい、潰したい気持ちが有ります。

That is what they have been taught, they have not been taught they must live in a society and work with other people.

こう言う風に教えられていました。一つの社会で他人と一緒に生活する、協力する事を教えられていません。

http://thefederalist.com/2017/10/10/lefts-sirens-already-hinting-culture-wars-will-end-another-civil-war/

And that is why we have Americans like Logan Paul.  He thinks he can come to Japan, do as he pleases, act like a hooligan, and there will be no consequences.

それで、こう言うローガン・ポールみたいなアメリカ人がいます。彼の考えは、日本に行って、好きな事を行って、フーリガンのような態度を行って、厳しい結果(罰)がないと思っています。

Looking at his videos, the jumping on trucks and delivery carts at Tsukiji fish market, running in traffic in the street, and general mayhem, he is a dangerous person.

彼のビデオを見て、築地市場トラックとか配達車に勝手に飛び乗り、交通の道路で遊んだり、普遍的な大混乱で、彼は危険者です。

I do not know what action the Japanese police took with this idiot, but I would think two years in prison at hard labor would be a sufficient punishment.

日本の警察はどう言う事をしたと分かりませんが、刑務所で重労働2年がいい罰と思います。

And there are more such foreigners, in Japan, we must be ready.

他に日本にそう言う外国人がいる、準備する必要です。

https://snjpn.net/archives/40737


Wednesday, January 10, 2018

ハート出版社がお勧めする韓国とアメリカを全く新しい視点で斬る出版記念講演会* 2月5日(月)


ハート出版社がお勧めする韓国とアメリカを全く新しい視点で斬る出版記念講演会を奥茂治さんを支援するチャリティーで行います。



★ 2月5日(月)
★ 開演18:30 (18:15開場)
★ 文京シビックセンター26階
  スカイホール

★ 参加費1000円
申し込み不要
どなたでもご参加頂けます。
直接会場ヘお越し下さい。

奥茂治氏を救おう!
チャリティー講演会

「本当は素晴らしかった 韓国の歴史」
☆ 松木國俊 氏

「アメリカ人が語る
日本人に隠しておけない アメリカの“崩壊”」
☆ マックス・フォン・
   シュラー・小林 氏
-------------------------------
・まつき くにとし 昭和25年熊本県生まれ
昭和48年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
豊田通商株式会社入社。昭和55年- 昭和59年、豊田通商ソウル事務所駐在。
秘書室次長、機械部次長を経て、平成12年 豊田通商退社。翌年「松木商事」設立、代表取締役。
『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』 『韓国よ、「敵」を誤るな!』 ワック、他 著作多数
--------------------------------
・マックス・フォン・シュラー こばやし
元海兵隊・歴史研究家。ドイツ系アメリカ人。
1974年岩国基地に米軍海兵隊として来日、その後日本、韓国で活動。
退役後、国際キリスト教大学、警備会社、役者として日本で活動。現在は結婚式牧師、「日出処から」代表講師。
「アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」(ハート出版)
「太平洋戦争 アメリカに嵌められた日本」(ワック)『アメリカ白人の闇』(桜の花出版)等著作多数
--------------------------------

※講師の先生をはじめ 会に関わる全員がノーギャラです
参加費は会場代、印刷代を除き全額を奥氏へのカンパと致します

◦ 東京メトロ 丸ノ内線・南北線
  後楽園駅直結 (5番出口直結)   
◦ 都営地下鉄 三田線・大江戸線
  春日駅 (文京シビックセンター連絡口) 徒歩1分
◦ JR総武線 水道橋駅(東口)徒歩9分

https://www.facebook.com/events/2004062289873637/




Thursday, December 28, 2017

Did the American Left cause a train crash that killed six people? How this affects Japan? 6人死亡の脱線の列車事故はアメリカ左派のせいですか?日本の影響は?


Every so often, I wonder if I go to far in my writing.  In my latest book, “2nd Civil War, the Battle for America” I predict that America is indeed going into Civl War.

時々、私が自分で書いている事で言い過ぎかなと考えます。最近の本で、『アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊”』、アメリカは内乱へ向かっていると予言しています。

But am I right?  After the book went on sale, I took a couple of days vacation.  When I came back home, the first thing I did was check the news.  And I found this.

しかし、私は本当に正しいですか?本の発売開始の後、私は数日間休みをとりました。家に帰って、まずニュースを見ています。下記の事件を見つけました。

https://www.naturalnews.com/2017-12-18-left-wing-terror-group-antifa-responsible-for-deadly-amtrak-derailment-alt-left-terror.html

On Monday December 18 an Amtrak train derailed south of Olympia, Washington State, 6 people died, nearly 100 were taken to hospitals.

12月18日月曜日に、ワシントン州オリンピア市の南で、アムトラックの乗客列車が脱線しました。6人死亡で、100人位は病院へ運ばれました。

There was apparently an object on the tracks.  The train was traveling at too high a speed for the area, but the tracks were new.

線路に物が有りました。列車はスピードを高速過ぎでしたが、線路は新しく造られました。

In the link above, there is a detailed list of Antifa activities to block railroads in Washington State.  They built a structure on the tracks inhabited by 100 people, which blocked tracks for 12 days before police removed it.

上記のリンクで、反ファシズム運動のワシントン州の鉄道を閉塞する活動を細かく書いています。線路の上に建物を造って、鉄道を閉塞しました。12日間、100人がその建物にいました。

They also boasted about pouring concrete on rail tracks to block them and sabotaged trains.  They boasted about their activities on their website, which has since been deleted.  You can see the deleted article below.

反ファシズム運動が鉄道を閉塞する為にコンクリートを注いで、列車をサボタージュしました。自分のウェブサイトでその活動を自慢しました。人が死亡に成った事故の後に、その記事を消されました。その消された記事を、下記のリンクで見えます。

http://www.thegatewaypundit.com/2017/12/hiding-something-antifa-website-deletes-article-sabotaging-train-tracks-concrete-washington-state-derailment/

The reason for this sabotage and blockage of railroad tracks is protesting shale oil fracking.  Supplies for fracking operations are imported into Olympia and transported into America by railroad.

このサボタージュと鉄道閉塞はシェール油(オイル)の水圧破砕法を反対です。シェール油の水圧破砕法はオリンピア港に輸入して、鉄道でアメリカの国内へ運送されます。

I know that fracking is very polluting, this is true.  But conducting such illegal activity, is this the proper way to protest?

シェール油の水圧破砕法はとてもひどい環境公害ですは、真実です。しかし、こう言う違反抗議を行う事は正しい行為ですか?

In my book,  “2nd Civil War, the Battle for America”, I describe how internal chaos in America can result in trade disruption for Japan.  I write that Japan should prepare for this.

私の本、『アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊”』に、アメリカ国内混乱で日米貿易が途絶が起こる可能性が有ると説明しています。日本がこの可能性の為に準備した方がいいと書いています。

Japan is the top trading partner for Olympia port.

オリンピア港の一番の貿易相手は日本です。

https://www.ustradenumbers.com/ports/port/port-of-olympia-wash/

Products such as timber are sent from Olympia to Japan.

日本で利用している材木は、いっぱいオリンピア港から来ます。

http://www.spokesman.com/stories/2011/jun/16/logging-a-win/#/0

Obviously, with the Antifa blocking the port to prevent imports, exports were also delayed, including items being sent to Japan.  So it can be said that American internal chaos is already having an economic effect on Japan.

明らかに、反ファシズム運動が輸入物を止める為にオリンピア港を閉塞して、輸出品も、日本行きの商品も含めて、遅らせた事が有ったでしょう。それで、アメリカの国内混乱が、日本に経済影響も成っています。

The Major Media is very sympathetic to Antifa, the article below in The Washington Post makes them seem charming.

アメリカのマスコミは反ファシズム運動にとても同情的な、下記のワシントン・ポストの記事で、反ファシズム運動は魅力的なグループのように書いています。

https://www.washingtonpost.com/news/morning-mix/wp/2017/11/29/anti-fracking-activists-and-anarchists-are-blocking-rail-tracks-in-olympia-they-dont-plan-on-leaving/?utm_term=.1efb97fb71ca

There is nothing charming about what they are doing.  It is dangerous.  And now an accident with 6 people dead.  And people on the scene claim that an object was put on the tracks.

反ファシズム運動の活動は、全然魅力的では有りません。危険です。それで、6人死亡の事故が有りました。その現場に居た人が物を鉄道線路においておきましたと言っています。

https://rightsidenews.com/did-antifa-terrorists-murder-6-americans-in-amtrak-derailment/

The location of the fatal accident is about 20 minutes by car from the Olympia port track blockage site.

人が死亡した鉄道現場は、オリンピア港鉄道閉塞サイトから車の運転で20分位離れています。


The crash site.

事故現場です。

The thing about anarchist guerrilla groups is that they lack centralized control.  It is very easy for members to take some action on their own.

アナーキストゲリラ集団は中央支配は有りません。その集団のメンバーは自分勝手に活動する事は簡単です。

This is what I think happened.  In the Washington Post article linked above, a lot of the people involved are in some kind of fantasy game.  Many Americans play role playing games, and for them, they can imagine that they are playing some kind of heroic resistance battle against the Trump administration.

私の考えで、こう言う事が有ったでしょう。上記のワシントン・ポストの記事を読むと、このグループの活動者の中に数多くの人が何とか空想ゲーム、ファンタジーを行っている事を分かります。数多くのアメリカ人がロールプレイングゲームに参加していて、そう言う人に、トランプ政権が英雄的な抵抗を行っている事を想像しているかも知れません。

Perhaps they imagine themselves to Jedi knights fighting an evil Empire like in the movie Star Wars.

もしかしたら、スター・ウォーズシリーズの映画の悪帝国と戦うジェダイの騎士と想像しているかも知れません。

The crash site is located on a bridge over a highway, 20 minutes by car from major Antifa railroad sabotage activity.  A few Antifa members, or sympathizers, were driving here, and saw the tracks.  They got out, found some object, and put it on the tracks.

事故現場は道路の上の鉄道橋に有る、反ファシズム運動の鉄道サボタージュサイトから車運転で20分離れています。数人の反ファシズム運動のメンバー、それとも同情的な人は、その所に運転していて、鉄道線路を見ました。車から降りて、物を見つけて、線路においていきました。

I do not think they imagined a passenger train would come by, perhaps they thought they would stop a freight train carrying fracking supplies.

乗客列車が来ると考えなかったでしょう。シェール油の水圧破砕法の供給を運んでる貨物列車を止めると考えたでしょう。

But the point is, that object on the tracks did not occur naturally.

しかし、その線路に有った物は自然的にその場所に行きませんでした。

Historically speaking, wars have been started over stupid incidents like this.  And the Left wing is beginning to discover that what they are doing is not just a game, people can die.

歴史的に、このような愚かな事件で、戦争が始まる事が有りました。それで、アメリカの左派は自分たちの活動はゲームではなく、人が死ぬ可能性事を学んでいるでしょう。

But I do not think this will make them give up, I think there will be more trouble.

でも、こう言う事件が有っても、左派は活動を辞めないでしょう。もっと混乱も起こるでしょう。




Friday, December 8, 2017

5冊目の本の発売のお知らせ Book announcement


I am proud to announce the publication of my 5th book, “2nd Civil War, The Battle for America”

5冊目の本、『アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊”』(ハート出版)の出版を発表する事に誇りを持っています。



In Japan, with the election of President Trump, people have noticed something is very different in America.  In this book I explain how America has drifted into Civil War.

日本では、トランプ大統領の当選で、アメリカが違う、変わった事を分かっています。この本で、どう言うふうにアメリカが内乱に成っている事を説明します。

I also explain both sides, The political Right with Christian Fundamentalism and the Militia movement.  Also the Left, with the violent Antifa, radical Black Lives Matter, and how American education has become overrun with Communistic leaning teachers.

両サイドを説明します。政治的な右派、キリスト教原理主義と民兵組織運動を書いています。それと、左派、暴力的な反ファシズム運動、過激的なブラック・ライヴズ・マター、それとどうしてアメリカの教育システムが共産向きの先生が多くに群がっています。

I explain what was slavery, and how sexual minorities have become a battle ground in this conflict.

奴隷制と、どう言うふうにこの混乱で性的なマイノリティが戦場に成っています。

And in the end, I describe possible solutions for Japan in dealing with an America that is greatly reduced in world power.

最後に、アメリカが世界に力を出せる可能性が減らした状態に、日本がどう言うふうに対処したらいいと説明します。

You may reserve it on Amazon, and it is scheduled to be in bookstores across Japan from December 15th to 18th.

Amazonで予約が出来ます。書店には12月15日から18日に並ぶ予定です。

http://www.810.co.jp/hon/ISBN978-4-8024-0041-1.html



Thursday, October 26, 2017

第22回勉強会が決定しました。  (2017年11月9日(木))


第22回目の勉強会を開催いたします。

日時:2017年11月9日(木)(開場18時45分)
   19時−20時50分

会場:東京ウイメンズプラザ  2階 第一会議室A,B
   (最寄り駅:地下鉄:表参道駅)

http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx

テーマは、日米地位協定という特権と米軍の危機

おかげ様でこの11月で当会の発足5周年となります。
どうも有難うございます。
その11月9日に第二十二回目の勉強会を開催いたします 。

「日米地位協定」よって、実際に認められている特権。
陰謀ではなく、実際にある米軍に認められている特権。
正式名称は
「日米安保条約第六条にもとづく基地ならびに日本国にお ける合衆国軍隊の地位に関する協定」

米兵が日本で罪を犯しても逮捕されなかったのはなぜか。
日本国内の大学の敷地内に米軍ヘリコプターが墜落しても 、日本の警察が締め出されてしまったのはなぜか。
もしも同様の事故が皇居で起きた時にはどうなるのか。
そもそもなぜ米軍が日本にいるのか。

現在の米軍の現実、実際に起きたこと、日米地位協定の内 容を元に、米国だのみでぬくぬくしてきた日本人が独立国 として生きる為に必要な国防について、世代の違う2名の 知日米国人が、米国人の見方で、現在の米国社会を分析し 、日米関係の今後や米軍との関わり方を議論します。

今回も参加者の皆様との意見交換を重視した形で進める会 とさせていただきますので、テーマに沿ったものや聴講し ていて疑問に思うこと等、どんどん質問を投げかけてくだ さい。
事前登録でどなたでも参加出来ます。
一緒に学び議論しましょう。 誇りある日本のために。

受付:18:45
開始:19:00
会場:東京ウイメンズプラザ  2階 第一会議室A,B
会費:1,000円
講師:Max Von Schuler 小林 / エイブリ モロー

講師略歴:
エイヴリ・モロー アメリカ人。
カールトン大学宗教学部学士 聖ジョン大学東洋古典講座修士 東京大学大学院宗教学研究室在学中
研究内容:日本の伝統・国学・神道の神秘主義
著書 「The Sacred Science of Ancient Japan」

マックス・フォン・シュラー小林(元海兵隊・歴史研究家) ドイツ系アメリカ人。
1974年岩国基地に米軍海兵隊として来日、その後日本、韓国で活動。
退役後、国際キリスト教大学、警備会社、役者として日本で活動。
現在は結婚式牧師、「日出処から」代表講師。
著書 「アメリカ人の本音」(桜の花出版) 「太平洋戦争 アメリカに嵌められた日本」(ワック)「アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」(ハート出版)「アメリカ白人の闇」(桜の花出版)

お申込み:http://www.hiizurutokorokara.com/contact.html

終了後、近所の居酒屋で「オフレコの会」をやりますので 、ぜひそちらにもご参加ください。
「オフレコの会」は、参加者頭割り(3−4000円)。

Thursday, October 12, 2017

The Las Vegas mass shooting incident ラスベガス 大虐殺(銃乱射)事件


On October 1st, Stephen Paddock opened fire on an open air country music concert in Las Vegas Nevada.  He killed 58 people and injured 489.

ネバダ州ラスベガスで、10月1日に、ステファン・パドックさんが野外カントリーミュージックライブに銃乱射しました。58人を殺して、489人を怪我させました。

At this time, his motive for this act is still a mystery.  But I think I can give a good guess.

現在、彼の動機は謎です。しかし、私は推測を出来ると思います。

His goal is obvious from his choice of target, kick start the American Civil War.

標的の場所を考えると、彼の目的が明らかに成ります。それは、アメリカの内乱開始に刺激的な行為を行う事でした。

This man was a secretive person, not socializing with people.  And he was rather wealthy, and spent his time gambling.  He usually won.  And his gambling was on poker machines, not with other people.

彼は打ち解けない人で、他人と交流はあまり有りませんでした。お金持ちで、よくギャンブルをしました。ほとんど勝ちました。他の人と一緒ではなく、ポーカースロットマシンでしました。

In one article, I did find a remark he made that gives a significant clue into his thinking.  He said to a fellow gambler a few months before the attack that “He wished he could kill his mother for binging him into this world.”

一つの記事で、彼の考え方で、一つのヒントの話を見つけました。事件の数ヵ月前に、もう一人のギャンブラに、”私を産んだから自分のお母さんを殺したいです”。

That is very strange, and does not suggest a normal mental state.  There is a phrase in American English, “inner demons”.  It means a person may appear normal to people, yet in his heart mental illness rages.

これはとても変です。普通の精神状態ではないでしょう。アメリカの英語で「内悪魔」と言うフレーズが有ります。意味は、ある人が周りの皆様に普通に見えるかも知れないけれど、その人の心の中に精神病の争いが有ります。

http://www.nydailynews.com/news/national/las-vegas-gunman-100g-philippines-days-massacre-article-1.3538716

He spent about a year making detailed preparations for his act, and scouted various music festivals in the Las Vegas area.  He also booked a room in Chicago where the Lollapolooza festival is held.

事件の為に、一年ぐらい細かい準備をしました。ラスベガスの周りに色々な音楽祭を偵察しました。シカゴのロラパルーザ音楽祭を向いているホテルの部屋も予約しました。

That one would have customers who could be considered Left wing, the one he finally choose was a country music venue, most of the customers could be considered Right wing.

その音楽祭の参加者は、だいたい政治的左派です。彼がやっと選んだイベントはカントリーミュージックライブで、ほとんどの参加者は政治的に右派と考えられます。

He had no known political or religious feelings.  So he scouted targets that could be considered either Left wing or Right wing.

彼は、宗教、政治に興味有りませんでした。それで、アメリカの右派、左派でも関係に成る標的の場所を偵察しました。

America is very tense, we are already in a state of low to medium Civil War.  I think this person hated being alive, and with his death, wanted to create an event that would inspire more violence.

現在のアメリカはとても緊張していて、今でも低いか中のレベルの内乱に入っています。やはりこの人が自分が生きている事を嫌いでしたし、自分の死でもっと暴力に成るよう刺激する積りでした。

So far, from the Right wing, there are many conspiracy theories of how this is a CIA, or Mossad, plot to confiscate American’s guns.

今まで、右派の人が、陰謀論文、モサド、CIAなどが、アメリカ人の銃を押収する秘密計画です。

No.  A single crazy man.

違います。一人の狂気の男でした。

What I find truly terrible is the reaction of many people on the Left.

しかし、本当にひどいのは、この事件の左派の反動です。

A Left wing teacher put the following message on Twitter.

左派の先生が、下記の話をツイッターに書きました。



http://newlypress.com/leftist-teacher-celebrates-white-trump-supporters-being-killed-in-las-vegas-massacre.html

She is praying that only Trump supporters were killed.  An executive at CBS says she has no sympathy for the victims, because they were Republicans.

彼女がトランプ大統領支持者のみが殺されたと祈っています。CBSニュースの役員が犠牲者が共和党の人でしたから、同情は有りません。

http://dailycaller.com/2017/10/02/cbs-legal-exec-no-sympathy-because-country-music-fans-often-are-republican/?utm_source=site-share

Personally, there are people I do not like in this world, but I cannot wish death or misfortune on anybody.

この世の中で、私は好きではない人がいるのですが、私は誰でも死と不幸を願う事を出来ません。

In Pennsylvania the owner of a vegetarian food truck celebrated the event, saying that she was happy 59 meat eaters died in the shooting.

ペンシルベニア州の菜食主義のキッチンカーの持ち主が、銃で死んだ59人の肉食系の人を喜んでいます。

http://www.breitbart.com/big-government/2017/10/07/pa-vegan-loses-food-truck-business-celebrating-murder-meat-eaters-las-vegas/

Vegetarians are particularly obnoxious, below is a video of a vegetarian woman entering a restaurant.  She is crying, talking about the death of her friend Snow.  Snow is not a person, but a cow.

菜食主義の人は、特に、不快な人です。下記のビデオは、女性がレストランに入ります。彼女は泣いたり、自分の Snowと言う友達の死を話しています。”Snow”は、人ではなく、牛です。

https://www.youtube.com/watch?v=LmfRMeU6pQ8

Here vegetarians invade a supermarket and hold loud funerals for the meat animals killed.

下記のビデオで、菜食主義の人達がスーパーマーケットに進入して、殺された肉食動物たちの為にうるさいお葬式を行っています。

https://www.reddit.com/r/vegan/comments/5siki5/supermarket_funeral_held_in_six_cities_across/

These people are nasty, but not so dangerous.  But there are truly dangerous groups out there.  The Antifa is numerous and has extensive financial backing.  They desire an anarchist Communist revolution in the US.

この人達は不快だけれど、そんなに危険では有りません。しかし、危険な集団が有ります。反ファシズム運動が数が多い、金融的な支持が有ります。彼達の希望はアメリカで無政府主義、共産主義の革命を起こす事です。



http://www.unz.com/article/die-the-unlimited-radicalism-of-antifa/

The American mass media has long been playing along with encouraging violence, here is picture of comedian  beheading President Trump.

アメリカのマスコミが長い間に暴力を励ましています。下記は、アメリカのお笑いのキャシー・グリフィンさんのトランプ大統領の首切り写真です。


http://www.tmz.com/2017/05/31/kathy-griffin-secret-service-investigation-beheading-donald-trump/

In a Democracy like America, ridicule of the foibles of politicians is certainly permitted.  Yet to talk or joke about killing the President, this is not Free Speech, it is encouraging a crime.

アメリカみたいな民主主義国では、政治家の失敗をばかにする事は勿論許されています。しかし、大統領を殺す事について話する事は言論の自由ではなく、これは犯罪を励ましています。

So with all this tension and violence in America, over political and cultural issues, I think Stephen Paddock wanted to kill himself, and destroy America at the same time.

それで、アメリカがこのように政治問題、文化問題でこう言う緊張感が有って、やはりステファン・パドックさんは同時に自殺とアメリカ崩壊する積りでしたでしょう。

Friday, August 4, 2017

第21回勉強会が決定しました。(2017年9月2日(土))


第21回目の勉強会を開催いたします。

日時:2017年9月2日(土)(開場18時15分)
   18時30分−20時50分

会場:東京ウイメンズプラザ  1階 視聴覚室A
   (最寄り駅:地下鉄:表参道駅)

http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx

テーマは、「歴史的に見た軍事同盟の価値と利害得失―日米同盟を視座に」

北朝鮮の問題によって、米軍がブラフで日本近海に空母艦隊をだし、それに自衛隊が協調しましたが、これにより、鮮明になったことがある。
日本の現状。
米国の弱体と混乱、過去の同盟との比較を踏まえて、もしも今米国との関係が大きく崩れた場合に、今更ながら、日本独自で国防をする覚悟を一般国民も持ち、米国がどうこうということより、まず最低限、自国は自国だけでも守れるようになっていなければならないだろう。

そこで今回は、同盟関係に光を当て現在の日本と米国の現状、歴史的に見て軍事同盟がもたらす価値と欠点はどの様なものかを検証し、これからに生かす「歴史的に見た軍事同盟の価値と利害得失―日米同盟を視座に」というテーマで2部構成で開催いたします。

◆18:30~19:25 「米国の視点」
講師:マックス・フォン・シュラー小林(元海兵隊・歴史研究家) エイブリ モロー(サポート)
講師略歴:ドイツ系アメリカ人。
1974年岩国基地に米軍海兵隊として来日、その後日本、韓国で活動。
退役後、国際キリスト教大学、警備会社、役者として日本で活動。
現在は結婚式牧師、「日出処から」代表講師。
著書 「アメリカ人の本音」(桜の花出版) 「太平洋戦争 アメリカに嵌められた日本」(ワック)
「アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」(ハート出版)
「アメリカ白人の闇」(桜の花出版)

◆19:30~20:30「日本の視点」
講師:平間洋一先生(元海将補・元防衛大学校教授)
講師略歴:1933年:横須賀生まれ。防衛大学校卒、海上自衛官、防衛大学校教授、筑波・常磐大学非常勤講師。
軍事史学会顧問、戦略研究学会理事、呉海事歴史科学館諮問委員長、日本国史学会理事。
著書 「第一次世界大戦と日本海軍」「日露戦争が変えた世界史」「第二大戦と日独伊三国同盟」
「イズムから見た日本の戦争」(錦正社)「日英同盟」(KADOKAWAソフィア文庫)など多数

◆20:30~質疑応答

一緒に学び議論しましょう。 誇りある日本のために。

会場:東京ウイメンズプラザ  1階 視聴覚室A ⇒会場地図
会費:1,000円
講師:平間洋一先生 Max Von Schuler 小林 エイブリ モロー

お申込みは:http://www.hiizurutokorokara.com/contact.html

終了後、近所の居酒屋で「オフレコの会」をやりますので 、
ぜひそちらにもご参加ください。
「オフレコの会」は、参加者頭割り(前回は3000円)。